教皇子午線(きょうこうしごせん)は、1492年クリストファー・コロンブスによる「アジア」到達[注釈 1]の知らせを受けて、ローマ教皇アレクサンデル6世1493年5月4日に発行した教皇勅書「インテル・カエテラ」(ラテン語: Inter caetera、贈与大勅書[1])によって規定された、ポルトガルスペイン両国の勢力分界線である。アフリカヴェルデ岬西方の子午線で、大西洋アゾレス諸島ヴェルデ諸島の間の海上を通過する経線より東側をポルトガルの、その西側をスペインの勢力圏とした。

南アメリカの地図上に記した教皇子午線(右側)。翌年のトルデシリャス条約ではより西寄りの線に置き換えられた。
インテル・カエテラ

内容編集

この勅書はカトリック両王[注釈 2]に対し、アゾレス諸島およびカーボベルデ諸島の子午線から100レグア西の子午線より「西と南」にある全ての土地を与えるというものである[注釈 3]

教皇の意図が両王への主権の「移譲」だったのか、封建領主として封じたものなのか、領主を叙任したものなのかは、現在でもはっきりしていない。この勅書の解釈については、発行以来、様々に議論されてきた。ある者は、この勅書は土地の所有と占有を合法的な主権に変えることを意味していたと主張している。別の者は、可能な限り広い意味で解釈し、スペイン(スペインの王権と征服者を含む)に完全な政治的主権を与えたと推論した[2]

インテル・カエテラと他の関連する勅書、特にDudum siquidemは「贈与の勅書」[3]を構成している[4]。これらの勅書はスペインとポルトガルの間の紛争を解決することを目的としていたが、宗教改革の後のその他の国による探検と植民地化には対応していなかった。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 実際にはアジアではなく、ヨーロッパ人にとっては未知の大陸(「新大陸」)であった。
  2. ^ アラゴンフェルナンド2世カスティーリャ女王イサベル1世。2人は1469年に結婚し、その子孫がスペイン王家となった。
  3. ^ 子午線は南極まで伸びるものであるので、子午線の「南」の土地はあり得ない。この文章の解釈として、アゾレス諸島の西の地点から北に伸びる子午線と、カーボベルデ諸島の南の地点から南に伸びる子午線という2つの子午線を意図していた可能性がある。他に、島の西と南に伸びる等角航路のことを指している可能性もある。

出典編集

  1. ^ 西山俊彦 (2003-12-31). “カトリック教会は奴隷貿易を容認したのではないか -教皇文書と新大陸での実態の吟味(1)-”. 福音と社会. NAID 40006061358. http://peace-appeal.fr.peter.t.nishiyama.catholic.ne.jp/2003_doreimondai_index.htm. 
  2. ^ Verzijl, Jan Hendrik Willem; W.P. Heere; J.P.S. Offerhaus (1979). International Law in Historical Perspective. Martinus Nijhoff. pp. 230–234, 237. ISBN 978-90-286-0158-1 . Online, Google Books entry
  3. ^ 合田昌史. “未征服地分配の言説―レコンキスタから世界分割へ―”. p. 101. 2020年12月9日閲覧。
  4. ^ "The Möbius strip: a spatial history of colonial society in Guerrero, Mexico", Jonathan D. Amith, p. 80, Stanford University Press, 2005 0-8047-4893-4

関連項目編集

外部リンク編集