メインメニューを開く

敬老パス(けいろうパス)は、名古屋市が65歳以上の市民に対して発売する福祉乗車証定期乗車券)である。

目次

概要編集

かつては敬老特別乗車券と称し、無償で交付していたが、名古屋市の財政悪化に伴い2005年(平成17年)度より有料化された。ただし、福祉特別乗車券と併用することは出来ないので、どちらかを選択する必要がある。2016年(平成28年)9月1日から順次ICカードmanacaへ移行された[1]。ICカードへ移行後は、通常のmanacaと同様に名鉄、JR等の全国交通系ICカード対応の鉄道、路線バスで利用可能である。(一部利用制限がある割引用manacaとは異なる)

交付・期限更新箇所編集

交付
  • 名古屋市内に所在する簡易郵便局を除く郵便局の貯金窓口になっていたが、ICカード化された後は、市内の区役所での交付となる。
期限更新
  • 更新は、地下鉄の各駅の券売機、駅長室、名古屋駅、金山駅、栄駅にある交通局サービスセンター、市内の区役所または郵便局での更新となる。
    • 郵便局で更新する場合は、住んでいる区の区役所福祉課(支所管内は支所区民福祉課)へ電話し、納付書を自宅へ郵送してもらう。窓口で敬老パスを預け、負担金を支払い、敬老パスを区役所、支所へ郵送し更新手続きを行う為、即日更新は出来ない。

有効期間編集

  • 満65歳になって最初に購入した場合は、最初に到来する8月31日まで。
  • 毎年9月1日から翌年8月31日までの1年間。更新は有効期限の14日前から納付書と旧乗車券を持参し郵便局で行う。
  • 有効期限を表す日付は、赤い太文字で書かれている。それに対し、福祉特別乗車券のそれは黒い太文字である。

発売金額編集

  • 負担金は本人の介護保険料の段階によって決定される。負担金の他、通常のmanacaと同様にデポジットの500円が必要である。
    • 1段階から3段階 - 1,000円(3月1日以降交付の場合500円)
    • 4段階 - 3,000円(3月1日以降交付の場合1,500円)
    • 5段階から8段階 - 5,000円(3月1日以降交付の場合2,500円)

利用可能区間編集

不正利用編集

2017年3月から半年間の利用頻度を集計した際、半年間で40万円分以上使用した者が10人いたことから、第三者へ貸与・譲渡の可能性が疑われており、今後、利用制限や利用上限額を導入することを検討している。半年間で50万円利用は1日平均13回、最大2400回乗車したことになる[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 名古屋市役所健康福祉局高齢福祉部高齢福祉課在宅福祉係 (2018年9月13日). “敬老パスの交付” (日本語). 名古屋市. 2018年12月1日閲覧。
  2. ^ 名古屋市 敬老パス利用に「上限」検討 不正使用懸念”. 毎日新聞社 (2018年3月7日). 2018年4月5日閲覧。

外部リンク編集