数の風景

松本清張の小説

数の風景』(かずのふうけい)は、松本清張の長編小説。「数」が起点となり、山陰で起こった二つの殺人事件が暴かれる長編ミステリー。「歌のない歌集」第1話として『週刊朝日』に連載され(1986年3月7日号 - 1987年3月27日号、連載中の挿絵は濱野彰親)、1987年12月に朝日新聞社から刊行された。

数の風景
作者 松本清張
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
シリーズ 「歌のない歌集」第1話
発表形態 雑誌連載
初出情報
初出週刊朝日1986年3月7日 - 1987年3月27日
出版元 朝日新聞社
挿絵 濱野彰親
刊本情報
刊行 『数の風景』
出版元 朝日新聞社
出版年月日 1987年12月31日
装幀 志村和信
題字 松本清張
ウィキポータル 文学 ポータル 書物
テンプレートを表示

1991年にテレビドラマ化されている。

石見銀山史跡

あらすじ 編集

設計技師の板垣貞夫は、石見銀山観光開発計画の有志に請われて島根県を訪れたが、銀山に程近い秘湯の宿で、不思議な魅力を放つカノチエ帽の女性と同宿した。同じく同宿者の谷原泰夫は、彼女の辿ってきたルート(十六島・三津峠・一畑寺)が、ことごとく「数」に関係することに気づき、彼女は何事も計算しないと気の済まないNumero Mania(計算狂)ではないかと推測する。

目下債権者に追われる身であった谷原は、銀山開発計画の話と、高圧送電線下の細長い土地をめぐる利権の盲点を利用し、莫大な金儲けをひらめく。他方、自動車メーカーの開発プロジェクトに関与することになった板垣は、オーストリアなどヨーロッパの道路事情を視察していたが、そのメーカーは鳥取県西伯郡の台地に、大規模なテストコースを建設しようとしていた。板垣と再会した谷原の前に、隠蔽された犯罪の実像が浮かび上がってきたが…。

エピソード 編集

書誌情報 編集

テレビドラマ 編集

松本清張スペシャル
数の風景
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『数の風景』
脚本 大野靖子
演出 松尾昭典
出演者 島田陽子
古谷一行ほか
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域  日本
放送期間1991年3月30日
放送時間21:03 - 23:51
放送枠土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・数の風景」。1991年3月30日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:03-23:51)にて3時間の拡大版として放映。当初は特別番組としてゴールデンウィーク明けの放送を予定していたが、4月からの松本清張作家活動40周年記念ドラマ企画との重複を回避するため、前倒しで放送された[5]

キャスト
スタッフ

脚注・出典 編集

  1. ^ 【同友ひろしま12月号~経営フォーラム特集】①基調講演「空想の翼で駆け現実の山野を往かん~故郷 石見銀山で起業し、小さな世界企業へ~」講師:中村ブレイス㈱ 代表取締役 中村俊郎氏”. 広島県中小企業家同友会 (2015年12月). 2021年10月16日閲覧。
  2. ^ 島根県・石見銀山 人口400人の集落から世界へ”. 事業構想 (2014年12月). 2021年10月16日閲覧。
  3. ^ Sex, death and dissonance: the strange, obsessive world of Anton Bruckner” (英語). ガーディアン (2014年4月1日). 2021年10月17日閲覧。
  4. ^ ブルックナーと数にまつわる話”. 新交響楽団 (2018年10月). 2021年10月17日閲覧。
  5. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
新妻殺し
(1991.3.23)
松本清張スペシャル
数の風景
(1991.3.30)