メインメニューを開く

数住岸子

数住 岸子(すずみ きしこ、Kishiko Suzumi、1952年3月23日 - 1997年6月2日)は、日本ヴァイオリニストである。

目次

経歴編集

大学進学まで編集

福岡県大牟田市生まれ。1963年、小学校6年生の時、全日本学生音楽コンクール西日本大会小学生の部で第1位を受賞[1]1967年、中学校卒業後、上京して桐朋女子高等学校音楽科に入学し、斎藤秀雄前橋汀子江藤俊哉に師事。1970年桐朋学園大学に進んだ。

アメリカ留学編集

1971年、大学を1年で中退し、ジュリアード音楽院に全額スカラーシップを受けて留学、ドロシー・ディレイアレキサンダー・シュナイダーミシェル・シュヴァルベに師事。同年、カーネギーホールでデビューし、リサイタル活動やアメリカの主要オーケストラとの共演などの演奏活動を行う。1973年カザルス音楽祭アスペン音楽祭にソリストとして参加した。

帰国後編集

1976年、東京でデビューリサイタルを開いた。1982年NHK交響楽団定期演奏会でのレコーディングでレコードアカデミー賞を受賞。1984年東京フィルハーモニー交響楽団のヨーロッパ公演にソリストとして同行、1990年ハレ管弦楽団と共演。また同年4月5日には小松一彦指揮東京都交響楽団とともに貴志康一生誕80周年記念コンサートにおいて貴志のヴァイオリン協奏曲を復活演奏した。

NADA編集

1986年原田幸一郎らとアンサンブル「NADA(ナーダ)」結成。

響ホール編集

1993年北九州市立響ホールの音楽監督に就任し、1997年北九州国際音楽祭の一環として開催が予定された「響ホール現代音楽の国際音楽祭」の総責任者となったが、開催直前に肺癌のため45歳で急逝した[2]。音楽祭は高橋悠治が引き継いで開催された。

レコーディング編集

  • 貴志康一生誕80周年記念コンサート(1990年9月、ビクター)
  • 三善晃:ヴァイオリン協奏曲(1982年、CBSソニー)
指揮:外山雄三
管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:野島稔
ヴァイオリン:数住岸子原田幸一郎小栗まち絵
ヴィオラ:豊嶋泰嗣、数住岸子、原田幸一郎
チェロ:安田謙一郎上村昇
ピアノ:藤井一興
チェロ:上村昇
  • 響ホールの数住岸子(追悼盤、1998年6月)
柴田南雄:歌仙一巻「狂句こがらしの」
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調
高橋悠治:表しえぬものと、ひたすら見合ったままで

脚注編集

  1. ^ このコンクールで3位だったのがシンガー・ソングライターのさだまさしである。
  2. ^ 数住岸子さん(バイオリン奏者、北九州市立響ホール音楽監督)死去 読売新聞 1997年6月3日 朝刊27ページ

外部リンク編集