敵は本能寺にあり (映画)

敵は本能寺にあり』(てきはほんのうじにあり)は、1960年9月11日松竹で公開された時代劇映画。池波正太郎のオリジナル脚本を元に、大曽根辰夫が監督を務めた。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集