メインメニューを開く

敷地神社(しきちじんじゃ)は、京都市北区にある神社。旧社格村社わら天神の通称で知られる。

敷地神社
Le Temple Shintô Shikichi-jinja - Le haiden (La construction du culte).jpg
拝殿
所在地 京都府京都市北区衣笠天神森町10
位置 北緯35度2分10.970秒
東経135度43分53.503秒
座標: 北緯35度2分10.970秒 東経135度43分53.503秒
主祭神 木花開耶姫命
社格 村社
創建 不詳
別名 わら天神(通称)
例祭 神幸祭(4月第1日曜日)
地図
敷地神社の位置(京都市内)
敷地神社
敷地神社
テンプレートを表示

目次

祭神編集

主祭神
配祀神

歴史編集

元々当地には、北山の神として葛野郡衣笠村に降臨した天神地祇が祀られていた。天長8年(831年)、この地に氷室が設けられ、その夫役として加賀国から移住した者が、崇敬していた菅生石部神社(敷地天神)の神を勧請し、北山の神の隣に祀って菅生石部神の母神の木花開耶姫命を祭神に定めたという。

応永4年(1397年)、足利義満が北山殿(後の金閣寺)を造営するに当たり、参拝に不便になったことから、両社を合祀して現在地に遷座した。

信仰編集

安産の神として信仰されている。安産御守としてが授与されることから「わら天神」の通称があり、藁に節があれば男児、節がなければ女児が誕生すると言われている。

摂社・六勝稲荷神社は試験合格の神として信仰される。

境内編集

現地情報編集

所在地
交通アクセス

外部リンク編集