文侯(ぶんこう、紀元前805年? - 紀元前746年?)は、中国西周末期から東周初期にかけてのの君主。姓は姫、名は仇。

文侯 姫仇
王朝
在位期間 紀元前781年 - 紀元前746年?
都城
姓・諱 姫仇
諡号 文侯
生年 紀元前805年?
没年 紀元前746年?
穆侯

生涯編集

紀元前805年、晋の穆侯の子として生まれ、太子に立てられた。紀元前785年、穆侯が死去すると、穆侯の弟の殤叔が後を嗣いで晋侯として即位した。このため太子仇は国外に出奔した。紀元前781年、太子仇はその一党を率いて殤叔を襲撃し、自ら晋侯として即位した[1]紀元前750年?、文侯は携恵王を虢で弑した[2]紀元前741年?、文侯は携王の甥である周の平王を少鄂に迎え、これを京師に擁立した[3]紀元前746年?、文侯は死去し、子の昭侯が後を嗣いで晋侯として即位した[1]

脚注編集

  1. ^ a b 史記』晋世家
  2. ^ 清華簡』「繋年」2章。文侯が携王を殺害したことは、『古本竹書紀年』にも見える。
  3. ^ 『清華簡』「繋年」2章。ただし清華簡の紀年を信用すると、文侯の没年を紀元前746年とする『史記』の紀年とは矛盾する。
先代:
殤叔
君主
前781年 - 前746年
次代:
昭侯