文公 (王叔)

王叔の初代君主

文公(ぶんこう、? - 紀元前624年)は、春秋時代王叔の君主。姓は、名は釐王の子で、恵王の弟。

文公 姫虎
王叔
初代
王朝 王叔
在位期間 ? - 紀元前624年
姓・諱 姫虎
諡号 文公
没年 紀元前624年
周の釐王
王叔桓公

周の襄王の時代、天子の叔父であったため、王叔を建国した。周朝の卿士として、諡号に文を贈られ、王叔文公と呼ばれる。紀元前632年城濮の戦い後、文公は周の襄王にの捕虜を献上した。天子は王叔文公を派遣して晋の文公を侯伯として封じた。その後、王叔文公は践土の会盟中国語版を主催し、晋の文公は覇者となった。文公三年(紀元前624年)四月乙亥、王叔文公はこの世をさり、子の王叔桓公が即位した[1]

脚注編集

  1. ^ 春秋左氏伝』僖公・文公

参考文献編集

王叔文公
王叔の君主

不明 - 紀元前624年

先代:
-
王叔の君主
不明 - 紀元前624年
次代:
王叔桓公