文化地理学

人文地理学の一分野

文化地理学(ぶんかちりがく、英語: cultural geography)は、文化を研究対象とする地理学の分野のことである[1]

学史編集

バークレー学派編集

文化地理学は、アメリカ地理学者カール・サウアーにより確立された[2]。当時の地理学界では人文現象をも含めて自然環境の影響で説明しようという風潮(環境決定論)があったなか[3]、サウアーは、1925年に発表された『景観の形態学』(The morphology of landscape)で「文化景観」という概念を提唱し、文化が自然景観を媒体とすることで文化景観が形成されると主張した[4]

1962年に刊行された『文化地理学リーディングズ』(Readings in Cultural Geography)によると、文化地理学の中心的な研究テーマは「文化」、「文化地域」、「文化景観」、「文化史」、「文化生態」となっている[5]

サウアーとその門下生(バークレー学派、The Berkeley School)による文化地理学の特徴として、文化景観を構成する文化は個人を超えた実体と考えたこと(超有機体説)、歴史重視であったこと、人間による環境改変に着目したこと、物質文化を重視したこと、農村第三世界にも着目していたこと、フィールドワークなどでの実地研究が選好されていたことが挙げられる[6]

一方、バークレー学派への批判として、物質文化のみに着目している点、農村や第三世界の歴史指向である点などが挙げられていた[7]。特にダンカン(James S. Duncan)は、個人の主体性を十分に着目していないと批判した[8]

人文主義的アプローチ編集

バークレー学派の文化地理学においては、人間の行動を動態的に考察していないという批判があった[9]。1970年代になると、人文主義的アプローチが形成された[10]。人文主義的アプローチでは、個人の実存を重視し、実証主義を批判している[11]。このアプローチをとる地理学者には、イーフー・トゥアンエドワード・レルフが挙げられる[10]

新しい文化地理学編集

20世紀後半において、都市化近代化グローバル化の結果として、バークレー学派による文化地理学研究に限界がきた[12]。これにより、多様な文化をもつ空間における文化多元主義の描写として「新しい文化地理学」が提唱されるようになってきた[13]

日本における文化地理学編集

日本において文化地理学が注目されるようになったのは、1943年に、辻村太郎が著した『文化地理学』によりドイツの文化地理学が紹介されたことによると考えられる[14]

その後、1960年代に、バークレー学派の文化地理学が日本でも着目されるようになった[14]。『文化地理学リーディングズ』から学んだ文化地理学者も多く、また日本でも文化地理学の教科書が刊行されるようになっていった[14]。ただし、日本の地理学の中で文化地理学が確立したのは1980年代以降である[15]

日本の場合も、この戦後のアメリカの流れにも影響されたが、特に民俗学や文化人類学との分野に近い部分を扱うことが主体で、純粋に文化現象の実証を重視する地理学の一分野に見られている。[要出典]宗教地理学も広い意味での文化の概念の一つとして、この文化地理学の一分野と捉えることもある[16]

位置づけ編集

大島 (1989)によると、文化地理学の位置づけとして以下の3つに分類することができる[注釈 1][17]

  1. 文化地理学は人文地理学と同義で、自然地理学と比較される
  2. 文化地理学は人文地理学の一分野で、宗教・言語・衣食住などを対象とする
  3. 文化地理学は人文地理学よりも広範囲なもので、文化を総合的・学際的に扱う

現代文化地理学の潮流編集

現代文化地理学は、カール・O・サウアーの提唱した文化的景観に対する批判より始まり、個人や集団による場所 (place) への価値や意味付けによって景観が形成されていくという考えの下、文化と空間・場所との関係が研究のメインストリームとなっている。場所の研究に関してはエドワード・レルフイーフー・トゥアンジョン・アーリが有名。

景観概念編集

カール・O・サウアーは、景観を誰が見ても分かる視覚的・客観的なものに限定した。しかし、1970年代からは景観には主観性があるのではないかという疑問が投げかけられ始めるようになる。これは、特定の人間がその景観を見ることによって、他者とは異なる捉え方がなされることに着目した新たな景観概念である。

文化概念編集

カルチュラリズムが批判されるまでは、文化は当初から存在、設定されている疑いの無いものであるとされていたが、1970年代以降は文化とは日々それに働きかける人々によって更新、設定されていくものであるという考え方が主流となる。また、文化は独立したものではなく、混合物であり、文化同士の境界線は曖昧であるとされ、その中で文化同士のせめぎあいが行われることで、文化の多様性が形成されているとも考えられるようになった。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1980年の国際地理学連合東京大会開催の事前に、日本の地理学者に対して行われたアンケートの分析による。

出典編集

  1. ^ 高橋ほか 1995, p. 3.
  2. ^ 中俣 2011, p. 1.
  3. ^ 高橋ほか 1995, p. 21.
  4. ^ 中俣 2011, pp. 1-2.
  5. ^ 中俣 2011, p. 6.
  6. ^ 高橋ほか 1995, pp. 23-25.
  7. ^ 高橋ほか 1995, p. 25.
  8. ^ 高橋ほか 1995, p. 26.
  9. ^ 中俣 2011, p. 10.
  10. ^ a b 中俣 2011, p. 11.
  11. ^ 高橋ほか 1995, pp. 28-29.
  12. ^ 中俣 2011, p. 14.
  13. ^ 中俣 2011, pp. 14-15.
  14. ^ a b c 高橋ほか 1995, p. 36.
  15. ^ 高橋ほか 1995, p. 37.
  16. ^ 松井 2003, p. 447.
  17. ^ 大島 1989, pp. 373-374.

参考文献編集

  • 大島襄二『文化地理学』古今書院、1989年。ISBN 4-7722-1374-0
  • 高橋伸夫田林明、小野寺敦、中川正『文化地理学入門』東洋書林、1995年。ISBN 4-88721-086-8
  • 中俣均「文化地理学から新しい文化地理学へ」『空間の文化地理』中俣均 編、朝倉書店〈シリーズ人文地理学〉、2011年、1-22頁。ISBN 978-4-254-16717-7
  • 松井圭介「宗教地理学の動向と課題」『21世紀の人文地理学展望』高橋伸夫 編、古今書院、2003年、447-459頁。ISBN 4-7722-6012-9

関連項目編集