文化摩擦

文化摩擦(ぶんかまさつ)とは、ある文化常識価値観と、他の文化の常識・価値観とが衝突することを指す。

著作権制度の厳しい日本と、著作権制度を軽視する[要出典]アジア諸国との対立も、文化摩擦と言えよう。日本は、欧米思想制度を模倣しているため、欧米諸国とは文化摩擦を起こしにくいが[要出典]日本よりも遅れていると見做している[要出典]アジア諸国とは、文化摩擦を起こしやすい。ただし、特に北南米圏の人々は客観的、批判的に物事を捉える傾向がありまた個人主義の概念が強いのに対し[要出典]アジア人は集団性を重視し主観的な視野、思考パターンを持つ傾向があり[要出典]お互いの考え方や姿勢が衝突を起こすことが多い。文化摩擦は主に性差、制度も含めた地域差、思考パターンの違いや世代の違いなどによって起こる場合が多い。

また、価値観の異なる個人と個人の間でも、文化摩擦は起きる。

他者を排斥しようとする思考は、文化摩擦を嫌っての場合が多い。フランス国民戦線は、「外人出て行け!」と失業に喘ぐ大衆に煽情的に訴えることを得意としたが、ジャン=マリー・ル・ペンと袂を分かった国民戦線幹部は、「異文化は共存できない」(=必ず文化摩擦を起こす)と冷静に呼びかけようとする[要出典]

関連項目編集