メインメニューを開く

文字禍』(もじか)は、中島敦短編小説掌編小説)。1942年(昭和17年)に発表された中島のデビュー作の一つである。アッシリアの碩学ナブ・アヘ・エリバ博士が、文字の霊が人間に及ぼす災いについて研究し、アッシュールバニパル王に進言するものの認められず、最後には文字の霊の呪いによって書物(粘土板)の下敷きとなり圧死してしまうという物語である。

文字禍
作者 中島敦
大日本帝国の旗 大日本帝国
言語 日本語
ジャンル 短編小説掌編小説
初出文學界1942年2月号
収録 第一創作集『光と風と夢筑摩書房 1942年7月
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

初出時は、他1篇「山月記」と共に「古譚」の題名で総括され、深田久弥の推薦により『文學界』1942年2月号に掲載された[1]。同年7月に筑摩書房から刊行された単行本『光と風と夢』に収録された際には、「山月記」「狐憑」「木乃伊」と合わせた連作「古譚」として収録された[2]

目次

おもな収録書籍編集

中島敦の作品集編集

アンソロジー収録編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 氷上英廣「解説」(山月記 1994, pp. 401-419)
  2. ^ 木村一信「作家案内」(斗南先生 1997, pp. 295-307)

参考文献編集

  • 中島敦 『山月記・李陵 他九篇』 岩波文庫、1994年7月。ISBN 978-4003114513 
  • 中島敦 『斗南先生・南島譚』 講談社文芸文庫、1997年3月。ISBN 978-4061975606 

関連項目編集

外部リンク編集