文定王后

李氏朝鮮11代王・中宗3番目の王妃。明宗時の摂政。

文定王后 尹氏(ぶんていおうこう いんし、ムンジョンワンフ ユンシ、1501年12月2日 - 1565年5月5日)は、李氏朝鮮第13代国王明宗の生母。李氏朝鮮第11代国王中宗の3人目の王妃。本貫は坡平尹氏。諡号は聖烈仁明文定王后。坡山府院君・靖平公尹之任と全城府夫人・李氏の娘。

文定王后
朝鮮王妃
在位 正徳12年7月19日 - 嘉靖23年11月20日
1517年8月6日 - 1544年12月4日

別称 聖烈仁明文定王后(諡号)
出生 弘治14年10月22日
1501年12月2日
死去 嘉靖44年4月6日
1565年5月5日
配偶者 中宗
子女 明宗
懿恵公主
孝順公主
敬順公主
仁順公主
氏族 坡平尹氏
父親 尹之任
テンプレートを表示

生涯編集

1515年に章敬王后が産褥死すると、1517年に揀択、17歳で王妃に冊封された。章敬王后の遠縁にあたる。彼女は世子(のちの仁宗)を保護する責任があったので、後日彼女の政治的立場が強化される名分になった。1534年慶源大君を産む。

中宗晩年期から弟の尹元衡(小尹)と側近で尹元衡の妻鄭蘭貞らと共に朝政に介入し、1544年11月、中宗が没すると王大妃となり、1545年8月に継子の仁宗が没し、同月に慶源大君が12歳で即位して明宗となると大王大妃に転じ、後見として垂簾聴政を行い、優れた政治感覚と儒教的な見識を発揮して家臣たちを制圧した。

陵はソウル特別市蘆原区孔陵洞にある泰陵。

文定王后は仏教を篤く信じていたことから仏教に対する保護政策を図り、身辺に僧侶を近づけるなどしたため、反仏教的な儒者から批判を受けた。

家族編集

文定王后が登場する作品編集

小説編集

映画編集

テレビドラマ編集