文室巻雄
時代 平安時代前期
生誕 弘仁元年(810年
死没 仁和3年8月7日887年8月29日
官位 従四位上相模守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 文室朝臣
父母 父:文室綿麻呂
兄弟 巻雄、氏雄、能雄、御井子
茂典、房典
テンプレートを表示

文室 巻雄(ふんや の まきお)は、平安時代前期の貴族中納言文室綿麻呂の九男。官位従四位上相模守

経歴編集

仁明朝において、皇太子・道康親王に帯刀舎人として仕える。道康親王の即位(文徳天皇)後、仁寿3年(853年相模掾に任ぜられ、のち右兵衛少尉次いで同大尉を歴任する。天安元年(857年播磨大掾に転任。

清和朝に入り、右衛門少尉官職にあった貞観元年(859年従五位下叙爵し、貞観3年(861年主殿権助に任ぜられる。のち、左衛門佐左近衛権少将・同少将と武官を歴任する。また、この間貞観9年(867年従五位上、貞観15年(873年正五位下、貞観18年(876年従四位下と貞観年間の後半にかけて順調に昇進した。

貞観18年(876年)11月に陽成天皇が即位すると、まもなく左近衛少将から伊予権守に遷り地方官に転じる。陽成朝では備前守因幡権守・相模守と専ら地方官を務めるが、因幡権守と相模守は遙任であったという。のち、子息である房典の近江少掾への任官と引き替えに相模守を辞した。この間、元慶3年(879年従四位上に昇叙されている。

仁和3年(887年)8月7日卒去。享年78。最終官位は散位従四位上。

人物編集

小さい頃から勇敢で力が強かったが、読書を好まなかった。弓馬の技術を身につけていたが、騎射を最も得意としていた。身体が敏捷で、意気も盛んであった。また、昼夜を問わず武器を持って天皇に侍し、宿衛の勤めでは並ぶ者がなかったという[1]

巻雄の強く勇ましいことは尋常ではなく、以下の逸話がある[1]

  • ある時、戯れに跳躍すると、牛車を牽いていた牛の頭を踏み台にして車を飛び越えてその後ろに立った。
  • 近衛少将を務めていた際に、白昼東宮の屋根の上を狐が走っていたため、巻雄は屋根に駆け上がり剣を抜いて狐を斬った。

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『日本三代実録』仁和3年8月7日掾
  2. ^ 『系図纂要』

参考文献編集