文章生(もんじょうしょう)とは、古代・中世の日本の大学寮紀伝道を専攻した学生を指す。文人(もんじん)、あるいは進士(しんし)ともいう。

概要編集

定員は20名で、天平2年(730年)3月、文章得業生とともに設置されている[1][2]式部大輔あるいは少輔が宣旨により、擬文章生および登省の宣旨を受けた学生・蔭子孫省試として詩賦を課し、文章博士とともに成績を調査して及第者を採用したものである。入学資格を白丁雑任とし、庶人にまで門戸を開いたものであったが、紀伝道の地位が上昇することにより貴族化し、閉鎖的な地位となった。文章得業生となって対策に及第して任官するのが本来の形式であるが、文章生となって直ちに対策を受ける場合や、あるいは文章生となってからの年数で任官する場合が殆どであった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『令義解』「職員令」所引官奏
  2. ^ 『続日本紀』天平2年3月27日条

参考文献編集

関連項目編集