メインメニューを開く
南区辻7丁目付近(2011年11月)

文蔵川(ぶぞうかわ)は、埼玉県川口市さいたま市南区および戸田市を流れる準用河川[1]荒川水系笹目川の支流である。

目次

地理編集

埼玉県川口市小谷場にて見沼代用水西縁から分水し南西に流れる。東北本線浦和電車区の線路をくぐり、しばらくは国道298号(東京外環自動車道)の下を流れ、川口市芝富士の北西部で開渠になる。新曽用水などと交差し、戸田市下笹目で笹目川に合流する。コンクリート護岸の水路である。竪川を分水している。下流部に並行して南に流れる流路があるが、暗渠化され、歩道として整備されている。また上戸田川は蕨市立西小学校付近から分水していたが、区画整理により消滅している。国道17号付近でも二手に分かれた水路があるなどしている。

橋梁編集

 
文蔵川と笹目川の合流点

脚注編集

  1. ^ さいたま市を流れる河川について[リンク切れ] - さいたま市ホームページ

関連項目編集