メインメニューを開く

文鶴野球場(ムナクやきゅうじょう、문학야구장、Munhak Baseball Stadium)は大韓民国仁川広域市弥鄒忽区にある野球場KBOリーグSKワイバーンズが本拠地とする。2015年からSK主催試合では、親会社SKグループ命名権を取得し、呼称を「仁川SK幸福ドリーム球場」(インチョンSKこうふくドリームきゅうじょう、인천SK행복드림구장)としている。施設は、仁川広域市施設管理公団が所有しているが、文鶴野球場全体の管理権限は、SKワイバーンズにある。

文鶴野球場
(仁川SK幸福ドリーム球場)
문학야구장
(인천SK행복드림구장)
仁川SK幸福ドリーム球場
仁川SK幸福ドリーム球場
(2018年撮影)
文鶴野球場の位置(韓国内)
文鶴野球場
施設データ
所在地 大韓民国の旗 韓国 仁川広域市弥鄒忽区文鶴洞8番地
座標 北緯37度26分7秒 東経126度41分27秒 / 北緯37.43528度 東経126.69083度 / 37.43528; 126.69083座標: 北緯37度26分7秒 東経126度41分27秒 / 北緯37.43528度 東経126.69083度 / 37.43528; 126.69083
起工 1994年7月20日
開場 2002年2月25日
所有者 仁川市施設管理公団
管理・運用者 SKワイバーンズ
グラウンド 内外野とも天然芝
建設費 601億ウォン
使用チーム • 開催試合
SKワイバーンズ(開場~現在)
第6回AAAアジア野球選手権大会(2005.9)
仁川アジア大会(2014.9)
収容能力
27,500人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 95 m (約311.7 ft)
中堅 - 120 m (約393.7 ft)
フェンス 2.5 m (約8.2 ft)
仁川SK幸福ドリーム球場
各種表記
ハングル 인천SK행복드림구장
漢字 仁川SK幸福드림球場
発音 インチョネスケイヘンボクトゥリムグジャン
英語表記: Incheon SK Happy Dream Park
テンプレートを表示

概要編集

 
改修前の文鶴野球場

設計当時、アメリカ合衆国ロサンゼルスドジャースタジアムを参考にしたという話が伝えられている。 高い外野フェンスや2枚の電光掲示板、サンドイッチパネル式スタンドなど全体的な形もドジャースタジアムに似ている。フィールドは社稷野球場と似ており、プロ野球のホームスタジアムの中では、平均よりも若干大きく、また全面天然芝の球場である。

開場当時のグラウンドの大きさは左右95m、中堅120m、外野フェンスの高さ2.8mであり、韓国の野球場で初めて、外野に投手ブルペンが設置された。2009年度シーズンオフの改装工事で外野席の一部をバーベキューゾーンに変更し、内野のテーブル指定席を倍に増やしたため、座席数が既存の30,400席から27,800席に減った。

2008年、仁川公設運動場野球場が都市計画により閉場となり、プロ野球の試合を行うことができる仁川広域市内の野球場は、本球場のみになる。

SKワイバーンズの主催試合に加えて、アマチュア野球の試合にも使用されており、今まで第6回アジア青少年野球選手権、韓国ティーボール協会全国小学生ティーボール大会などの競技が開催されている。2002年、2005年、2008年に本球場でKBOオールスターゲームが開催された。

歴史編集

1994年大韓民国全国体育大会開催のための仁川文鶴競技場建設計画の一環として本球場が同時着工。

2002年、隣接する仁川文鶴ワールドカップ競技場と共に開場。当初、グラウンド内の土は赤土が使用されていたが、水はけの悪さから2005年から黒土となっている。

現在の韓国プロ球団のホーム球場の中でも特に優れた施設と設備の充実さ、そして観戦の快適さを誇る。ワールド・ベースボール・クラシックで見せられた日本アメリカ合衆国の球場設備の充実さに刺激され、地方のプロ球団の本拠地球場の老朽化が問題になっていた韓国球界にとって、地方の各都市に作られるべき球場の見本として取り上げられてきた。その影響で2014年光州起亜チャンピオンズフィールドが完成するなど、韓国では新球場の建設や全面改装が相次いでいる。

2007年に韓国では初めて内野席に横長のオーロラビジョンが設置されるなど、メジャーリーグのボールパークを意識した雰囲気作りが進められている。

2009年各種施設の改修及び拡張のため、受容人員が減って現在は満席で27,800人になっている。

2005年6月29日には日本プロ野球千葉ロッテマリーンズ福岡ソフトバンクホークス戦が行われる予定であったが、興行面での調整がつかず中止となっている。

2007年の韓国シリーズ(韓国プロ野球決勝戦)でSKワイバーンズ(レギュラーシーズン1位)が斗山ベアーズ相手に初の韓国リーグチャンピオンを決定したのもこの会場だった。蚕室に続いて、当球場でのボールカウントも国際基準に合わせて『SBO』から『BSO』に改修された。

2013年11月より、SKワイバーンズが民間委託運営者となり、本球場と隣接する仁川文鶴競技場を運営している。

2014年9月、木洞野球場とともに仁川アジア大会の野球会場として利用され、決勝戦では韓国が優勝した。

2015年3月末から、SKの主催試合ではSKグループ命名権を取得し、「仁川SK幸福ドリーム球場」の呼称を使用するようになった。

2016年より、既存の外野の電光掲示板を撤去し横63m、縦18mの超大型電光掲示板「ビッグボード」をセンターバックスクリーン上に設置した。

交通機関編集

関連項目編集

前本拠地:
仁川公設運動場野球場
2000 - 2001
SKワイバーンズの本拠地
2002 - 現在
次本拠地:
n/a
-