メインメニューを開く

斉 燮元(せい しょうげん)は清末民初の軍人。北京政府直隷派に属し、後に中華民国臨時政府、南京国民政府(汪兆銘政権)に加わった。撫万

斉 燮元
Qi Xieyuan2.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1885年4月28日[1]
光緒11年3月14日)
死去: 1946年民国35年)12月18日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)南京市
出身地: 清の旗 直隷省順天府寧河県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 齊燮元
簡体字 齐燮元
拼音 Qí Xièyuán
和名表記: せい しょうげん
発音転記: チー シエユエン
ラテン字 Ch'i Hsieh-yüan
テンプレートを表示

目次

事績編集

直隷派として編集

斉燮元は天津武備学堂、陸軍大学、日本陸軍士官学校で学び、北洋第6鎮で軍歴を開始した。1913年民国2年)以降は、陸軍第6師第12旅旅長、江西将軍署参謀長、第6師師長を歴任している。

1917年(民国6年)、直隷派の重鎮李純に随従して江蘇省に入る。斉は、江蘇督軍参謀長兼江寧鎮守使、蘇皖贛三省巡閲副使などをつとめた。1920年(民国9年)、李純が自殺すると、斉がそれを引き継ぐ形で江蘇督軍兼蘇皖贛三省巡閲使に就任し、直隷派の有力指導者となった。

1924年(民国13年)9月、斉燮元は浙江督軍盧永祥との間で、第2次奉直戦争の前哨戦となる江浙戦争を開始した。福建督軍孫伝芳の支援もあって、斉は盧を破った。しかし、第2次奉直戦争で直隷派が敗北すると、斉の立場も動揺する。奉天派張宗昌が復帰した盧を支援して南下してくると、斉は孫と「江浙聯軍」を組織して対抗しようとした。しかし、孫は中央の段祺瑞に篭絡されて動こうとしなかった。完全に孤立した斉は下野して日本へ亡命した。

続いて、1925年(民国14年)冬に、斉燮元は湖北省で再起した呉佩孚の下に加わり、十四省討賊聯軍副司令に任命された。しかし、中国国民党北伐軍に敗北して、またしても下野に追い込まれた。

親日政府での活動編集

 
斉燮元 (『最新支那要人伝』1941年)

1930年(民国19年)、閻錫山馮玉祥らが蒋介石に挑戦すると、斉燮元もこれに参加し、江北招撫使に任命された。しかし、閻・馮は敗北し、斉は天津のイギリス租界に逃げ込む。さらに北平に移り、隠居した。

1937年(民国26年)12月、王克敏らが中華民国臨時政府を創設すると、斉燮元もこれに参加し、治安総長に任じられた。このほかにも、清郷総署督弁、議政委員会常務委員も兼ねている。

1940年(民国29年)3月、汪兆銘(汪精衛)らの南京国民政府に臨時政府が合流し、華北政務委員会が成立する。斉燮元は同委員会委員兼治安総署督弁に任ぜられた。これにより、華北綏靖軍を組織して、その総司令部総司令に就任している。また、軍事委員会常務委員にも兼ねている。1943年(民国32年)2月、華北政務委員会内政総署督弁に就任し、諮議会議副議長も兼ねた。

日本が敗北した1945年(民国34年)8月に、斉燮元は漢奸として国民政府に逮捕される。1946年(民国35年)12月18日、南京において銃殺刑に処された。享年62(満61歳)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『最新支那要人伝』は1879年生まれとするが、本記事は徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』、来新夏ほか『北洋軍閥史』に従う。

参考文献編集

  • 来新夏ほか『北洋軍閥史 下冊』南開大学出版社、2001年。ISBN 7-310-01517-7
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
  • 『最新支那要人伝』朝日新聞社、1941年。
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
李純
江蘇督軍
1920年10月 - 1924年12月
(1921年9月までは署理)
次代:
韓国鈞(江蘇督弁)
   中華民国臨時政府
先代:
(創設)
治安総長
1937年12月 - 1940年3月
次代:
(廃止)
   南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(創設)
華北政務委員会
治安総署督弁
1940年3月 - 1943年11月
次代:
(廃止)
先代:
王揖唐
華北政務委員会
内務総署督弁
1943年2月 - 11月
次代:
(廃止)