株式会社斉藤楽器製作所(Saito musical instruments Co., Ltd.)は、コンサートグロッケンなどの鍵盤打楽器の製造を行う日本の企業。

株式会社斉藤楽器製作所
Saito musical instruments Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 サイトウ
本社所在地 日本の旗 日本
194-0032
東京都町田市木曽西2-3-8
設立 1952年12月
業種 その他製品
法人番号 8012301001032
事業内容 鍵盤打楽器の製造・販売
代表者 破産管財人 永野剛志
資本金 4200万円
外部リンク 閉鎖
テンプレートを表示

概要編集

1947年に創業し、1952年に株式会社へ改組。「サイトウ」もしくは「Saito」ブランドの名で、マリンバやヴィブラフォンなどの鍵盤打楽器を製造し、製品はオーケストラ吹奏楽団などで採用され、ヤマハと並んで鍵盤打楽器の主要メーカーとなった。

しかし、マリンバの音板に最適な木材であるローズウッドワシントン条約の規制品目に指定されたことから、材料費が高騰し経営が悪化。さらに2011年7月期から赤字決算が続いていたことから、2017年11月6日に事業を停止し、東京地方裁判所立川支部へ破産を申し立て[1][2]、同年11月30日に破産手続開始決定を受けた[3]。負債総額は約5億円。斉藤楽器製作所は、2018年8月9日に法人格が消滅した。

1947年の同社創業以来、日本国内において鍵盤打楽器の一貫製造を行っていた「SAITO(サイトウ)」ブランドの存続、既存顧客への楽器保守が危ぶまれていたが、その後、野中貿易が引き継ぎ、取り扱いを行うこととなった[4]

製品編集

かつて製造を手掛けていた製品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ TSR速報 (株)斉藤楽器製作所東京商工リサーチ 2017年11月14日
  2. ^ 鍵盤打楽器メーカーの「斉藤楽器製作所」破産ITmediaビジネス 2017年11月14日
  3. ^ 追報:(株)斉藤楽器製作所(東京)/破産手続き開始決定JC-net. 2017年12月11日
  4. ^ Saito gakki seisakusho”. 2018年9月8日閲覧。

外部リンク編集