メインメニューを開く

斎藤 与里(さいとう より、1885年明治18年)9月7日[1]-1959年昭和34年)5月3日)は、大正・昭和期の洋画家美術評論家

目次

経歴編集

埼玉県北埼玉郡下樋遣川村(現・加須市)生まれ。本名は与里治。浅井忠鹿子木孟郎に洋画を学び、1906年に鹿子木とともにフランスへ渡った。1908年8月に帰国した後は「白樺」誌上で、ポスト印象派フォーヴィスムの作品を紹介した。1912年、岸田劉生らとフュウザン会を結成(翌年解散)。

1924年に槐樹社(1924-1931年)を設立し、機関誌『美術新論』の主幹として美術評論も行った[2]。解散後、1932年に東光会(1932年-)を創設した。

この間、大阪美術学校(大阪芸術大学の前身・大阪美術学校とは別で、1944年廃校。跡地は枚方市立御殿山生涯学習美術センター)の創立に協力し、1926年に教授となった。

その他編集

 
生家跡(2015年8月)
  • 加須市名誉市民第1号である。生家跡は斉藤与里記念公園(建物はなく、門のみ)になっている。

参考文献編集

  • 「日本人名大辞典」講談社
  • 中村屋サロン美術館 『生誕130年記念 中村屋サロンの画家 斎藤与里のまなざし』 中村屋サロン美術館、2015年。 

脚注編集

外部リンク編集