メインメニューを開く

斎藤 信治(さいとう しんじ、1945年 - )は、日本法学者。専門分野は刑法中央大学法科大学院名誉教授。元司法試験考査委員新潟県出身

目次

経歴[1]編集

1963年新潟県立長岡工業高等学校卒業。1963年中央大学法学部通信教育課程入学。その後、同法学部二部編入。1968年中央大学法学部卒業。同年、同法学部助手司法試験合格。1973年中央大学法学部助教授。1980年同法学部教授。2004年中央大学大学院法務研究科教授に就く。2015年3月中央大学大学院法務研究科教授退職。同名誉教授。

この他、1997年12月から2006年12月まで旧司法試験第二次試験考査委員や1997年4月から2001年3月まで法務省入札監視委員会委員なども務めた。また、在学中は真法会に所属。

著書編集

  • 『刑法総論』(有斐閣、1993年初版・2008年第6版)
  • 『刑法各論』(有斐閣、2001年初版・2009年第3版)

主要業績編集

  • 不法領得の意思 1・2・3』(法学新報 79巻8号・79巻11号・86巻4〜6号、1972年/1979年)
  • 心臓移植はまだ許されないか』(法學新報 93巻3号/5号、1986年)
  • 賄賂罪の保護法益 1・2・3』(法学新報 96巻1号・2号・96巻3号/4号・96巻5号、1989年/1990年)
  • 詐欺罪の基本的諸問題 : 訴訟詐欺・キセル乗車・自己名義クレジットカード不正使用・悪徳商法に関連して』(法學新報 103巻4号/5号、1997年)
  • 香川達夫, 川端博編『刑法Ⅰ(新判例マニュアル)』(分担執筆、三省堂、1998年)
  • 過失犯における予見可能性』(中央ロー・ジャーナル 4巻2号、2007年)
  • 無罪方向における伝聞証拠等の許容性の拡張』(中央ロー・ジャーナル 6巻3号、2009年)

注釈編集

  1. ^ 『法学新報 第121巻第11・12号』(中央大学法学会、2015年3月)729-742頁。

外部リンク編集