メインメニューを開く

斎藤 元助(さいとう もとすけ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将毛利氏家臣で長州藩士。父は寅菊松斎

 
斎藤元助
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不詳
死没 寛永15年12月4日1639年1月7日
改名 寅菊元助→斎藤元助→斎藤自裁(号)
別名 通称:彦四郎→次右衛門尉(治右衛門尉)
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 寅菊氏斎藤氏
父母 父:寅菊松斎
就実
テンプレートを表示

生涯編集

寅菊松斎の子として生まれ、毛利輝元秀就の二代に仕えた。元助が輝元に仕官した際に、父・松斎の厳島の屋敷2間と抱分3間の公役が免除されている。

慶長2年(1597年12月13日、「治右衛門尉」の百官名と「元」の偏諱を与えられて「寅菊元助」と名乗り、後に「斎藤元助」へと苗字を改めた。

寛永2年(1625年8月13日長門国大津郡俵山の内に200石を与えられる。

寛永4年(1627年12月4日に嫡男・就実が死去したため、寛永9年(1632年9月13日、元助の当知行200石の地について、嫡孫の孫市(後の就幸)が18歳になるまでは斎藤就豊(六左衛門尉)が代役を務め、就幸が18歳になった時に200石後を渡すように秀就に命じられた。また、就豊の扶持方切銭については、元助の隠居分を与える事とされた。

寛永15年(1638年12月4日に死去。

参考文献編集