斎藤 利親(さいとう としちか、文明5年(1473年)? - 明応5年12月7日1497年1月10日))は、戦国時代武将斎藤氏持是院家3代目当主。持是院家2代目当主斎藤妙純の嫡男。左衛門、大納言、権律師[1]、新四郎と称す。兄弟に又四郎彦四郎長井利隆[2]

姉妹に朝倉貞景室、京極高清室らがいる。子は利良の他、女児が1人いる。

明応5年(1496年)9月、父と共に近江六角高頼討伐に参加、同年12月7日、郷民の蜂起に遭い、父と共に戦死した。法名は紹興妙親で、享年24とも[3]。子の利良は幼いため、弟の又四郎が後を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 『美濃明細記』
  2. ^ 『古代氏族系譜集成』の斎藤氏系図
  3. ^ 『美濃明細記』

関連項目編集