メインメニューを開く

斎藤 喜平次(さいとう きへいじ)は、戦国時代の人物。父は斎藤道三[1]。諱は龍定[2]、龍之とも。仮名は玄蕃[3]。母は深芳野一色義清女か稲葉通利女[4])又は小見の方明智光継女)。

 
斎藤喜平次
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 弘治元年11月12日1555年12月24日
改名 喜平次、一色右兵衛大輔
別名 龍定・龍之、玄蕃(仮名)
氏族 斎藤氏一色氏
父母 斎藤道三深芳野(または小見の方
兄弟 義龍孫四郎喜平次日饒日覚利堯利治帰蝶織田信長正室)、他姉妹5人

斎藤道三の三男[5]として生まれる。『信長公記』によると父・道三と兄の義龍・孫四郎の親子四人とも稲葉山城に住んでいたという。

次兄斎藤孫四郎とともに父の道三に寵愛され、道三は喜平次に「一色右兵衛大輔[5]」を名乗らせた。『信長公記』によれば、それにより次兄・孫四郎とともに奢り高ぶり、しだいに長兄・斎藤義龍を侮るようになったいわれる。斎藤家の家督は天文23年(1554年)道三の隠居で長兄・義龍が継いでいたが、義龍は自身が廃嫡されると考えて一計を案じ、弘治元年(1555年)11月12日、病を装って喜平次らを自身のいる稲葉山城の奥の間に呼び出した。喜平次と兄・孫四郎は酒に酔ったところを義龍の寵臣・日根野備中守弘就によって殺害された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『六角義賢条書写』の系図
  2. ^ 『古代氏族系譜集成』、『美濃国諸旧記
  3. ^ 『美濃国諸旧記』
  4. ^ 「美濃国諸家系譜」によると深芳野の母は一色左京大夫義遠
  5. ^ a b 『信長公記』

参考文献編集