メインメニューを開く
斎藤宗宜

斎藤 宗宜(さいとう むねのり、1881年明治14年)4月 - 1939年昭和14年)12月20日)は、日本の内務官僚弁護士府県知事

経歴編集

静岡県出身。第一高等学校を経て、1908年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。農商務省に入り山林属となるが、内務省に転じ、1910年岐阜県山県郡長に就任した。

以後、群馬県学務課長、山形県警察部長、静岡県警察部長、宮城県警察部長、高知県熊本県の各内務部長などを歴任。

1923年10月、宮崎県知事に就任。さらに、熊本県大阪府の各知事を務める。1932年6月、京都府知事に就任。不況下の中小商工業者の救済に尽力し「産業知事」と呼ばれた[1]1935年1月、京都府知事を辞し退官。その後、弁護士となる。

脚注編集

  1. ^ 参考文献『新編日本の歴代知事』、660頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『昭和物故人名録 昭和元年-54年』日外アソシエーツ、1983年。