斎藤拙堂

1797-1865, 幕末の朱子学者

斎藤 拙堂(さいとう せつどう、1797年寛政9年) - 1865年9月4日慶応元年7月15日))は、幕末朱子学者は正謙、は有終、通称は徳蔵。号は拙堂・鉄研。

生涯編集

 
四天王寺の墓

1797年(寛政9年)、津藩士の子として江戸藩邸内にて生まれ、昌平黌古賀精里の教えを受ける[1]1820年文政3年)24歳で、古文に通じた人物として藩校有造館の創設に加わり、1824年(文政7年)藩主藤堂高猷侍講となった[1]

1841年天保12年)、郡奉行に任ぜられ、地方役人や庄屋の不正を糺した[1]弘化元年(1844年)、有造館の督学(校長)となると[1]、学則を改め人材を挙げ、広く書籍を購入し文庫を増設し、『資治通鑑』294巻を刊行した。アヘン戦争後には海外事情についても研究を重ね、時勢の変遷にも敏感に対処した。拙堂自身は一貫した朱子学者であったが、西洋の文物でも優れているものはそれを認めて、和漢洋の折衷によってより良いものにしていくこと(和洋折衷)を唱えた。そのため、有能な藩士を江戸に送り、洋学や西洋兵術を学ばせ、種痘術の渡来に際しては有造館に種痘館を開き、率先して藩内に施行し、洋式軍制を取り入れるなどの藩政改革にも関わった。

1855年(安政2年)、幕府の命で江戸に赴き、将軍徳川家定に拝謁した。幕府は拙堂を儒官に抜擢しようとしたが、主君の元を去り難しと拙堂はこれを辞退している[1]

1859年(安政6年)致仕、1865年(慶応元年)没[1]。墓所は三重県津市四天王寺[1]

1924年(大正13年)、正五位を追贈された[2]

人物編集

頼山陽大塩平八郎渡辺崋山吉田松陰など、多数の儒者、文人との交流ももった。弟子に三島中洲河井継之助らがいる。

その博学ぶりは広く世に知られたが、特に漢文をもって知られ、古今の漢文について評した『拙堂文話』や武士のあり方について論じた『士道要論』『海防策』などその執筆分野は多岐にわたっている。また経世論の関心も強く、海外事情などを調べ『海外異伝』『魯西亜外記』などを著した。しかし拙堂の最も得意としたのは紀行文であり、『月瀬記勝』は大和国月ケ瀬を梅の名所にたらしめ、頼山陽の『耶馬渓図巻記』と並んで紀行文の双璧とされ、拙堂の名を高めた。また、後南朝の名付け親としても知られている。

著書編集

  • 『伊勢国司記略』
  • 『拙堂紀行文詩』
  • 『拙堂文話』
  • 『月瀬記勝』
  • 『南遊志』
  • 『海外異伝』
  • 『魯西亜外記』
  • 『士道要論』
  • 『海防策』

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典 第3巻』 岩波書店、1984年4月、21頁。 
  2. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.52