斎藤昌三 (古書研究家)

斎藤 昌三(さいとう しょうぞう、1887年3月19日 - 1961年11月26日)は、古書学、蒐集家、発禁本研究などで「書痴英語版」と呼ばれた人物。猥褻本の研究、編訳でも知られる。

1952年

少雨叟など多くの号をもつ。

人物・生涯編集

神奈川県高座郡座間村(現・座間市)に商人の子として生まれ、政三と名づけられるが、関東大震災後「昌三」と改名[1]

神奈川県立第三中学校(現・神奈川県立厚木高等学校)を1905年に中退、横浜の生糸商原合名会社に勤務[2]。銀行訪問が主な業務で、銀行に勤めていた小島烏水礒萍水と知りあうきっかけとなった[3]。1910年頃勤務をやめ職を転々とした[2]

1915年同人誌『樹海』を創刊、この雑誌は何度かの改題を経て続いた[4]。また『明治文藝側面鈔』を密かに刊行し、発禁となった小説類を紹介する[5]。1920年には、趣味人の先輩にあたる加山道之助と組み、趣味誌『おいら』を創刊[6]三田平凡寺が主宰した趣味人の集団「我楽他宗」にも加わった[7]。しかし1923年、関東大震災で多くの資料財産を失い、茅ヶ崎に移住した[8]。三田とも関係性が悪化、『我楽他宗』からも脱退した[9]

1923年9月『おいら』をやめ、雑誌『いもづる』を発刊[9]梅原北明と親しくなりその企画になる「変態十二史」のうち二冊を執筆[10]。1925年10月『愛書趣味』を創刊[11]柳田泉木村毅らと明治文学の研究に手を染めた[12]

1931年7月『書物展望』を創刊[13]。書物展望社は単行本の刊行も初め、1932年には斎藤の編集した内田魯庵『紙魚繁盛記』、淡島寒月『梵雲庵雑話』などを刊行した[14]。『書物展望』は戦時中の中断後復活し1951年まで続いた[15]

晩年は茅ヶ崎の文化人として過ごし、1959年4月には茅ヶ崎市立図書館の名誉館長に就任した[16]

著作物編集

  • 近代文芸筆禍史 崇文堂 1924
  • 蔵書票の話 文芸市場社 1929
  • 現代日本文学大年表 改造社 1931
  • 現代筆禍文献大年表 粋古堂書店 1932
  • 書痴の散歩 書物展望社 1932
  • 閑板 書国巡礼記 書物展望社 1933/平凡社東洋文庫 1998、ワイド版2009(紅野敏郎解説)
  • 書淫行状記 書物展望社 1935
  • 紙魚供養 書物展望社 1936
  • 銀魚部隊 少雨荘第五随筆集 書物展望社 1938
  • 書斎随歩 少雨叟第六随筆集 書物展望社 1943
  • 前後三十年 自選句集 少雨莊桃哉 青燈社 1943.9
  • 書斎随歩 書物展望社 1944
  • げて雑誌の話 内藤政勝 1944.11
  • 日本の古蔵票 書物展望社 1946
  • 当世豆本の話 青園荘 1946
  • 東亜軟書考 星光書院 1948
  • 少雨荘交游録 梅田書房 1948.12
  • 江戸好色文学史 星光書院 1949/慧文社 2013
  • 随筆海相模 内藤政勝 1949.10
  • 新富町多与里 少雨荘第八随筆集 芋小屋山房 1950.1
  • 書物誌展望 八木書店 1955
  • 寂寥のまゝに 紙魚少掾 貴重文献保存会 1955
  • 話をきく娘 紙魚少掾 貴重文献保存会 1955
  • 三十六人の好色家 性研究家列伝 創芸社 1956
  • 蔵書票と書籍の装幀 斎藤少雨叟 北海道豆本の会 1958-(ゑぞ豆本)
  • かながわ郷土文学読本 沓掛伊左吉 石井光太郎共編 有隣堂 1958
  • 発禁本往来 書痴往来社 1960.6
  • 随筆69 有光書房 1962
  • 書物の美 少雨叟斎藤昌三書物随筆集 青園荘 1962
  • 斎藤昌三著作集 全5巻 八潮書店 1980-1981
  • 性的神の三千年・変態蒐癖志・変態崇拝史 勉誠出版 1998.12(性の民俗叢書)
  • 少雨荘書物随筆 国書刊行会 2006(知の自由人叢書)

編訳編集

  • はこやのひめごと 風俗文献社 1951
  • はるさめごろも 風俗文献社 1951
  • 好色三大伝奇書 美和書院 1952
  • 艶女玉すだれ 美和書院 1952
  • 江戸三大綺文集 美和書院 1952
  • 好色増鏡 井原西鶴 貴重文献保存会 1953

伝記編集

  • 川村伸秀 『斎藤昌三 書痴の肖像』晶文社、2017年。ISBN 978-4-7949-6964-4 
  • 八木福次郎 『書痴斎藤昌三と書物展望社』平凡社、2006年。ISBN 4-582-83313-6 

出典編集

  1. ^ 川村 2017, p. 14; 八木 2006, pp. 15–16.
  2. ^ a b 八木 2006, pp. 16–17.
  3. ^ 川村 2017, pp. 19–23; 八木 2006, p. 17.
  4. ^ 川村 2017, p. 27.
  5. ^ 八木 2006, pp. 21–24.
  6. ^ 川村 2017, pp. 23, 42.
  7. ^ 川村 2017, pp. 51–53.
  8. ^ 川村 2017, pp. 92–94; 八木 2006, p. 59.
  9. ^ a b 川村 2017, pp. 62–68.
  10. ^ 川村 2017, pp. 166–170; 八木 2006, pp. 80–82.
  11. ^ 川村 2017, p. 124.
  12. ^ 川村 2017, pp. 133–138.
  13. ^ 川村 2017, p. 236.
  14. ^ 川村 2017, pp. 133, 185, 243.
  15. ^ 川村 2017, p. 239.
  16. ^ 八木 2006, p. 13.

外部リンク編集