メインメニューを開く

斎藤 栄三郎(さいとう えいざぶろう、1913年6月19日 - 2000年7月9日[1])は、日本政治家自由民主党参議院議員経済評論家東京出身[2]早稲田大学商学部卒業[2]商学博士法学博士文学博士[2]

来歴・人物編集

1931年、旧制日本大学中学校(現在の日本大学第一高等学校)卒業。大学卒業後、日本経済新聞社に入社[1]。上海支局長、シンガポール支局長などを歴任した[2]立正大学教授、NHK解説委員を経て[1]、フリーの経済評論家となり、TBSの『時事放談』などに出演。1974年第10回参議院議員通常選挙に全国区から自民党公認で出馬し初当選。1992年に引退するまで3期務めた。労働政務次官、参議院商工委員長を経て1989年8月から1990年2月まで第1次海部内閣科学技術庁長官を務めた。

1984年日本経済通信社から上梓した『世界を動かすユダヤパワーの秘密』は、いわゆるユダヤ陰謀論に基づく書物であり、反ユダヤ本として米国ユダヤ人団体から抗議を受けた。

科学技術庁長官に任命された際、閣僚名簿読み上げ後の記者会見で、六ヶ所再処理工場の計画に関して、「六ヶ所村の件ですが」と聞かれると、「それはどこだ」と聞き返した。数年後、ニュースステーション久米宏に、このときの発言を揶揄されたこともあった。

2000年7月9日、腎不全のため神奈川県川崎市の病院で死去。享年87。

息子の斎藤元一政治学者で、国士舘大学教授

著書編集

  • 金はどうなるか(日本経済通信社 1981年
  • ソ連・東欧に何が起きているか(日本経済通信社 1982年
  • 曲がり角にきた選挙(日本経済通信社 1982年)
  • 悪魔の世界戦争史 (上)(日本経済通信社 1982年)
  • アメリカの金本位制復帰で日本経済はどうなるか(日本経済通信社 1982年)
  • 宰相中曽根康弘の思想と行動(日本経済通信社 1983年
  • これから賢くお金をふやす方法(日本経済通信社 1983年)
  • 人間における法華経の研究(日本経済通信社 1983年)
  • 中曽根首相のイメージが一変する本(日本経済通信社 1983年)
  • 西欧に学ぶ日本の未来(日本経済通信社 1983年)
  • 世界を動かすユダヤパワーの秘密(日本経済通信社 1984年
  • 新・宗教社会学のすすめ(日本経済通信社 1984年)
  • 政治家語録の読み方(日本経済通信社 1985年
  • 高齢化社会を乗り切るには?―北欧先進福祉国家を訪ねて(通産新報社 1986年
  • 明日のアフリカ(ヒューマン・ドキュメント社 1987年
  • 定家 明月記と私(ヒューマン・ドキュメント社 1987年)
  • 尺八―三曲の世界(ヒューマン・ドキュメント社 1988年
  • 外国からきた新語辞典(集英社 1989年
  • 私の経済履歴書(読売新聞社 1991年
  • 政治改革の原点―政界汚職百年史(北風書房 1992年
  • 明日への日本経済―市場経済と世界不況の出口(北風書房 1992年)
  • 選挙制度の研究(巌南堂書店 1994年
  • 死生一如―人生に幕を引く心の準備(河出書房新社 1995年
  • 現代政治の論究―選挙制度に関する資料と分析(河出書房新社 1996年
  • 歌舞伎へようこそ(河出書房新社 1996年)
  • 人生は一回、楽しく年をとれ!―熟年世代からの心のやすらぎを得るために あなたの老後のための指針(日新報道 1999年

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 斎藤栄三郎 とは - コトバンク”. 2012年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 本田宗一郎 (1985). 本田宗一郎は語る―不常識を非真面目にやれ. 講談社. p. 213. ISBN 978-4062022415. 


公職
先代:
中村喜四郎
  科学技術庁長官
第44代:1989年 -1990年
次代:
大島友治