メインメニューを開く

齋藤 武市(さいとう ぶいち、1925年1月27日 - 2011年1月)は日本の映画監督埼玉県秩父市出身。

さいとう ぶいち
齋藤武市
齋藤武市
キネマ旬報社『キネマ旬報』第341号(1963)より
生年月日 (1925-01-27) 1925年1月27日
没年月日 2011年1月
出生地 埼玉県秩父市
職業 映画監督
テンプレートを表示

経歴編集

1948年早稲田大学文学部卒業後、松竹大船撮影所に助監督として入社。小津安二郎に師事する。1954年、先輩の西河克己の勧誘を受け、同期の鈴木清順中平康と共に日活に移籍。1956年、「姉さんのお嫁入り」で監督デビュー。小津の弟子らしい格調高い文芸映画を撮り続けたが、興行的にはいまいちだった。1959年小林旭主演の「南国土佐を後にして」が大ヒット。そのヒットをうけて作られた「ギターを持った渡り鳥」も大ヒット。「渡り鳥シリーズ」としてシリーズ化され、娯楽映画監督としての地位を確立した。1970年、フリーになり、東映とテレビの仕事が中心になった。

作品編集

映画編集

テレビ編集

脚注編集

外部リンク編集