斎藤 澪奈子(さいとう みなこ、1956年[1]10月3日 - 2002年1月13日)は日本作家タレント

1990年著書「ヨーロピアン・ハイライフ」でデビュー。のちの叶姉妹デヴィ夫人のような大人のセレブ女性の先駆け的存在だった。「アッパー」「ロウワー」「ポジティブシィンキング」といった言葉で知られる。

来歴・人物編集

公式プロフィールによると、東京のハイソサエティ(=上流階級)の家庭に生まれ17歳で単身ヨーロッパへ。ロンドンフィレンツェで10年間すごし、ヨーロッパの上流階級の洗礼を浴びる。バブル景気崩壊直前に帰国。自ら考案した化粧品などの実業家になる。1993年著書「超一流主義」が話題となり、タレントとしての活動も始めたものの、2002年1月13日に乳がんのためロサンゼルスで死亡したといわれる。享年45。

著作リスト編集

テレビ編集

脚注編集

[脚注の使い方]