斎藤真理子

日本の韓国語翻訳家

斎藤 真理子(さいとう まりこ、1960年 - )は、韓国語翻訳者編集者

人物編集

新潟県新潟市生まれ。父は新潟大学名誉教授物理学者で、宮沢賢治研究者としても知られる斎藤文一。姉は文芸評論家斎藤美奈子明治大学文学部考古学科卒業[1]。1980年から大学のサークルで韓国語を学び始め、1991年からソウル延世大学語学堂に留学。2015年、パク・ミンギュ『カステラ』で第一回日本翻訳大賞受賞[2]。2020年に韓国文学翻訳院の第18回韓国文学翻訳賞文化体育観光部長官賞を受賞[3]

共編著編集

翻訳編集

  • パク・ミンギュ『カステラ』クレイン 2014
  • チョ・チセ『こびとが打ち上げた小さなボール』河出書房新社 2016
  • パク・ミンギュ『ピンポン』白水社 2017
  • ハン・ガン『ギリシャ語の時間』晶文社 2017
  • ファン・ジョンウン『誰でもない』晶文社 2017
  • パクミンギュ『三美スーパースターズ最後のファンクラブ』(韓国文学のオクリモノ) 晶文社, 2017.11
  • ファン・ジョンウン『野蛮なアリスさん』河出書房新社 2018
  • チョン・ミョングァン『鯨』晶文社 2018
  • アンニョン・タル『すいかのプール』岩波書店 2018
  • チョン・セラン『フィフティー・ピープル』亜紀書房 2018
  • チョ・ナムジュ82年生まれ、キム・ジヨン筑摩書房 2018
  • ハン・ガン『すべての、白いものたちの』河出書房新社 2018
  • チョンスチャン『羞恥』みすず書房, 2018.8
  • ハン・ガン『回復する人間』白水社 2019
  • パク・ミンギュ『ダブル サイドA/B』筑摩書房 2019
  • チョナムジュ, チェウニョン, キムイソル, チェジョンファ, ソンボミ, クビョンモ, キムソンジュン『ヒョンナムオッパへ 韓国フェミニズム小説集』白水社, 2019.2
  • イ・ギホ『誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ』亜紀書房 2020
  • チョン・セラン『保健室のアン・ウニョン先生』亜紀書房 2020
  • チョン・イヒョン『優しい暴力の時代』河出書房新社 2020
  • ファン・ジョンウン『ディディの傘』亜紀書房 2020
  • イ・ラン『アヒル命名会議』河出書房新社 2020
  • ククチスン『3人のママと3つのおべんとう』ブロンズ新社, 2020.1
  • 『韓国の小説家たち 1』(クオンインタビューシリーズ)イギホ, ピョンヘヨン, ファンジョンウン, キムヨンス, クォンヨソン 著, ノスンヨン, チョンヨンジュン 聞き手, 呉永雅, きむふな,清水知佐子, 橋本智保共訳. クオン, 2020.10

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 斎藤真理子 | かみのたね”. www.kaminotane.com. 2021年1月19日閲覧。
  2. ^ 第一回日本翻訳大賞” (日本語). 日本翻訳大賞 公式HP. 2021年1月19日閲覧。
  3. ^ 韓国文学翻訳賞に斎藤真理子さん 文化体育観光部長官賞受賞”. 聯合ニュース (2020年12月3日). 2021年1月19日閲覧。