メインメニューを開く

斎藤秀龍側室(さいとうひでたつそくしつ、生没年不詳)は、戦国時代女性織田信秀の3女[1]織田信長の姉妹であるが、姉か妹かは不明。信秀が信長の正室斎藤秀龍(道三)の娘の濃姫を迎えた際、斎藤家と重縁になるため、自らの3女を道三の側室として差し出した[1]。これは人質の役割を課してあったといわれる[1]。生没年や経歴に関しては不詳であるが、道三と信長は義理の親子であると同時に、義兄弟にも当たる。

出典編集

  1. ^ a b c 西ヶ谷恭弘『織田信長事典』P248

参考文献編集

書籍