メインメニューを開く

斎藤邦唯

斎藤 邦唯(さいとう くにただ、1929年11月17日 - )は、日本の俳優映画プロデューサーである[1][2][3][4][5][6]扇映画プロダクション代表[7]テレビ映画テレビドラマの出演者として知られていたが[1][6]、映画製作者に転向、渡辺護を監督に抜擢、渡辺のデビューから第9作までを手がけた[8][9][10][11]

さいとう くにただ
斎藤 邦唯
本名
生年月日 (1929-11-17) 1929年11月17日(89歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府
職業 俳優映画プロデューサー
ジャンル 劇場用映画現代劇時代劇成人映画)、テレビ映画(現代劇)、テレビ放送劇演劇新劇新国劇
活動期間 1949年 - 1966年
所属劇団 文学座
新国劇
事務所 綜芸プロダクション
衣笠プロダクション
扇映画プロダクション
主な作品
映画
あばずれ(製作)
テレビ映画
警視庁鑑識科学シリーズ 決め手(出演)

別字である藤 邦唯、誤記である斎藤 邦でクレジットされたこともある[2][5][6]

目次

人物・来歴編集

舞台俳優からテレビ俳優へ編集

1929年(昭和4年)11月17日、東京府(現在の東京都)に生まれる[1]。本名は同じ[1]

第二次世界大戦初期の1942年(昭和17年)4月に旧制中学校に入学、戦後の1947年(昭和22年)3月に卒業した[1]文学座巣鴨に附属演劇研究所を開校した1949年(昭和24年)[12]、同劇団に入団する[1]。同年に入団した俳優に高木均[13]、同じく文芸部員には矢代静一[14]がいた。その後、同団を退団して島田正吾辰巳柳太郎新国劇に移籍、次いで、演劇畑を歩んできたが、竹井諒(1901年 - 1970年)が1949年に設立した綜芸プロダクションに移り、映画界に転向した[1]。当時の同プロダクションの作品は、嵐寛寿郎主演の『鞍馬天狗』を中心とした時代劇剣戟映画が中心であった[15][16][17]。その後、1954年(昭和29年)に製作を再開した日活に入社する[1]。この時代の出演作についての資料は残っていない[1][2][3][4][5][6]

1957年(昭和32年)には、日本テレビ放送網16mmフィルムとVTRを駆使して製作し、日本で初の刑事ドラマとされる『ダイヤル110番[18]に出演した[1]。次いで同年10月7日に放送を開始した朝丘雪路の主演作『すいれん夫人とバラ娘』に出演[1][6]、同作は、渥美清のテレビデビュー作として知られる[19]。『テレビ大鑑 1958』によれば、同書が発行された1958年(昭和33年)6月20日時点では、衣笠プロダクションに所属しており、東京都北多摩郡国立町(現在の国立市)に住んでいた旨の記述がある[1]。当時の民間テレビ局は、16mmフィルムを媒体として製作するテレビ映画に力を注いでおり、斎藤は、中部日本放送(現在のCBCテレビ)が主体となって中央映画貿易とともに製作、1959年(昭和34年)5月17日に放映を開始したテレビ映画『警視庁鑑識科学シリーズ 決め手』に助演した[6][20]。同作の監督の都成潔東宝[21]から、テレビ映画の宣弘社プロダクションと渡り歩いた人物であり[22][23]、斎藤はさらにフィルムの世界に進んでいった[2][3][4][5][6]

折込広告社(現在のオリコム)が製作し、前年4月1日に放映を開始した連続テレビ映画『まぼろし探偵』が人気を博したため、映画化が決まり、三東映画が製作し、新東宝が配給、1960年(昭和35年)2月14日に公開された劇場用映画『まぼろし探偵 地底人襲来』に「橋本」役で出演した[3][4][5]。同作は、テレビ版に引き続き吉永小百合が出演していることでも知られる[24][25]。同年7月5日からは、連続テレビ映画『アラーの使者』が放映を開始、同作に「宇野刑事」役で出演した[6]。同作には、のちに斎藤が製作した渡辺護の監督作『情夫と牝』(1965年10月公開)、『浅草の踊子 濡れた素肌』(1966年1月公開)、『うまず女』(1966年3月22日公開)、『絶品の女』(1966年7月12日公開)に出演した武藤周作が「紅とかげ団四号」役で出演している[6][26]。「紅とかげ団一号」役を演じた福島亨は、のちにメトロ芸能社映画部で『女のふくらみ』(監督鶴巻次郎、主演桂奈美、1966年7月公開)を製作した[27]。その後、斎藤は、映画の製作スタッフに転向した[28]

映画製作者に転向編集

渡辺護の回想によれば、1964年(昭和39年)、渡辺が助監督を務めた『悶える女子学生』(監督南部泰三、同年11月公開)では、斎藤は、同作の製作を務めていたという[28]。同作の宣伝ポスターには、「斉藤邦雄」の表記(誤記)で出演者としてクレジットされている[29]。満35歳であった1965年(昭和40年)4月には、扇映画プロダクションを設立、製作を開始する[7]。設立第1作は同年6月に公開された『あばずれ[30]、同作は抜擢された渡辺護の第1回監督作品でもあり[26]、斎藤は「製作」にクレジットされた[31]。同作は旧・新東宝関西支社の後身である新東宝興業(現在の新東宝映画)が配給したが、出資者は俳優の伊豆肇であったという[32]

1966年(昭和41年)8月23日に公開された『女子大生の抵抗』(監督渡辺護)をもって、扇映画プロダクションは活動を停止した[9][33][34]。同社の活動停止以降、斎藤邦唯の活動は不明であるが[2][3][4][5][6]、生前の渡辺護(2013年12月24日死去)は、斎藤とは「まだつきあいがあります」と語っていた[28]。その後も存命であれば2015年(平成27年)には86歳になる[1]

フィルモグラフィ編集

特筆以外すべて「出演」である[1][2][3][4][5][6]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、デジタル・ミーム等での所蔵状況も記した[2][35]

1950年代編集

1960年代編集

1965年4月の扇映画プロダクション設立以降のフィルモグラフィは、

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q キネ旬[1958], p.137.
  2. ^ a b c d e f g 斎藤邦雄(誤記)東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 斎藤邦唯文化庁、2015年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 斎藤邦唯KINENOTE, 2015年5月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 斎藤邦唯斉藤邦唯日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 斎藤邦唯斉藤邦唯斎藤邦雄(誤記)テレビドラマデータベース、2015年5月29日閲覧。
  7. ^ a b 田中[1976], p.85-86.
  8. ^ 年鑑[1967], p.325-333.
  9. ^ a b 年鑑[1968], p.317.
  10. ^ キネ旬[1973], p.26, 59-60, 69, 86, 93, 107, 115.
  11. ^ 渡辺護1931-2013(前)井川耕一郎、2014年7月21日付、2015年5月29日閲覧。
  12. ^ 文学座とは文学座、2015年5月29日閲覧。
  13. ^ 高木均コトバンク、2015年5月29日閲覧。
  14. ^ 矢代静一、コトバンク、2015年5月29日閲覧。
  15. ^ 1951年 公開作品一覧 216作品、日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  16. ^ 1952年 公開作品一覧 287作品、日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  17. ^ 1953年 公開作品一覧 321作品、日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  18. ^ 日テレ[2005], p.114.
  19. ^ 佐藤[1992], p.27.
  20. ^ 中日[1960], p.330.
  21. ^ 都成潔東宝、2015年5月29日閲覧。
  22. ^ 都成潔 - テレビドラマデータベース、2015年5月29日閲覧。
  23. ^ 都城潔 - テレビドラマデータベース(誤記)、2015年5月29日閲覧。
  24. ^ まぼろし探偵、テレビドラマデータベース、2015年5月29日閲覧。
  25. ^ 吉永小百合 - 日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  26. ^ a b 渡辺護 - 日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  27. ^ 福島亨 - 日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  28. ^ a b c d 『悶える女子学生』を製作したやつは斉藤邦唯って言って、まだつきあいがありますけど、井川耕一郎、2013年8月3日付、2015年5月29日閲覧。
  29. ^ a b 悶える女子学生高千穂映画センチュリー映画社、1964年11月。
  30. ^ 1965年 公開作品一覧 509作品、日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  31. ^ 渡辺護 はじまりから、最後のおくりもの。神戸映画資料館、2014年12月付、2015年5月29日閲覧。
  32. ^ 渡辺護『あばずれ』の照明は村瀬栄一、井川耕一郎、2013年2月14日付、2015年5月29日閲覧。
  33. ^ 1966年 公開作品一覧 486作品、日本映画データベース、2015年5月29日閲覧。
  34. ^ 大蔵映画黎明期プログラムリスト、PINK HOLIC, トライワークス、2015年5月29日閲覧。
  35. ^ フィルムリスト検索結果、デジタル・ミーム、2015年5月29日閲覧。
  36. ^ アラーの使者 #1東映チャンネル、2015年5月29日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

画像外部リンク
  悶える女子学生
1964年11月公開
高千穂映画センチュリー映画社
  悶える女子学生 同上
  あばずれ
1965年6月公開
扇映画プロダクション新東宝興業
  紅壺
1965年6月公開
(扇映画プロダクション・センチュリー映画社)
  紅壺
同上
(扇映画プロダクション・日本セントラル映画
  情夫と牝
1965年10月公開
(扇映画プロダクション・ムービー配給社