メインメニューを開く

斎藤 銀次郎(さいとう ぎんじろう、1904年明治37年)10月7日- 1979年昭和54年)12月15日)は、将棋棋士[1]石井秀吉七段門下[1]

目次

人物編集

東京府で生まれる[1]1929年(昭和4年)に四段[1]1937年(昭和12年)に八段[1]。第2期名人戦1937年 - 1940年)から八段リーグに参加し、第1期順位戦(1947年)ではA級に参加[1]1965年(昭和40年)に引退[1]

借金癖があり、所属する日本将棋連盟に多数の苦情が寄せられる事態となり、引退後の1967年(昭和42年)に日本将棋連盟を退会した[1][注釈 1]1979年(昭和54年)12月15日に脳軟化症で死去[1]。75歳没。

斎藤の死去は毎日新聞で報じられた[2]

弟子に平野広吉七段[1][3]。平野門下には所司和晴がおり、所司門下の、渡辺明(永世竜王・永世棋王資格者)をはじめとする多数の棋士・女流棋士は、斎藤の曽孫弟子となる。

2017年現在、日本将棋連盟公式サイトの「棋士データベース 七段 平野広吉」に「師匠:(故)斉藤銀次郎八段」とあり、僅かながら斎藤の名前と段位呼称が残っている[3]

昇段履歴編集

  • 1929年 四段
  • 1937年 八段
  • 1965年 引退
  • 1967年 日本将棋連盟を退会

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1968年に刊行された「将棋年鑑〈昭和43年版〉」の「引退棋士一覧」には、斎藤の名前がない。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 加藤治郎、原田泰夫 1999, pp. 177-179, 連盟を守るためつらい決断
  2. ^ 毎日新聞』1979年12月17日東京朝刊19頁
  3. ^ a b 棋士データベース 七段 平野広吉”. 日本将棋連盟公式サイト. 2017年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月7日閲覧。

参考文献編集

  • 加藤治郎原田泰夫『[証言]将棋昭和史』(執筆)田辺忠幸、毎日コミュニケーションズ、1999年。

関連項目編集