斑鳩三塔

奈良県斑鳩町にある聖徳太子一族ゆかりの仏塔

斑鳩三塔(いかるがさんとう/いかるがのさんとう)は、飛鳥時代から奈良時代以前に建立された斑鳩町にある聖徳太子とその一族ゆかりの仏塔

法隆寺五重塔法起寺法輪寺(1944年落雷により焼失後1975年再建)の三重塔のこと。

関連項目編集

近隣の聖徳太子ゆかりの塔編集

  • 四天王寺 - 1959年再建の五重塔。
  • 中宮寺跡 - 飛鳥時代の塔跡が残る。史跡。
  • 若草伽藍 - 飛鳥時代の塔跡が残る。史跡。
  • 橘寺 - 飛鳥時代の塔跡が残る。史跡。