斛律皇后(こくりつこうごう、生没年不詳)は、中国北斉の後主高緯の1人目の皇后斛律光の娘。朔州勅勒部の出身。

斛律皇后
北斉の皇后
在位 565年4月 - 572年8月

配偶者 後主高緯
  元仁
氏族 斛律氏(勅勒部
父親 斛律光
テンプレートを表示

経歴編集

高緯にとついで皇太子妃となった。565年4月、高緯が即位すると、皇后に立てられた。572年1月、娘を生んだが、高緯は斛律光を喜ばせようとして、男子を生んだといつわり、このために大赦をおこなった。7月に父の斛律光が処刑されると、8月に皇后は廃位されて庶人に落とされ、別宮に幽閉された。後に尼となった。北斉が滅ぶと、開府儀同三司の元仁(元景安の子)の妻となった。

伝記資料編集