斜長岩(しゃちょうがん、: Anorthosite)は、ほとんど斜長石のみで構成される珪長質深成岩である。構成物の90%以上は斜長石であるが[1]、他に輝石角閃石かんらん石などもわずかに含まれる。斜長岩は、の高地を形成しており、高地の95%は斜長岩でできている[1][2]。月は形成されたばかりの頃、マグマの海に覆われ、そこに軽い斜長石が浮いて、斜長岩の大陸になったと考えられている。地球における斜長岩は、小規模な火成作用によって形成されたものであり、無水の玄武岩マグマ溜り結晶分化作用によって形成されている[3][4]

斜長岩
火成
Anorthosit of Salem Tamil Nadu.jpg
構成物
主要構成物 斜長石
他構成物 苦鉄質鉱物
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ a b 諏訪兼位「斜長岩とその斜長石」『岩石鉱物鉱床学会誌』第71巻Special1、日本鉱物科学会、1976年、 215-242頁。
  2. ^ 地球のからくり”. nh.kanagawa-museum.jp. 2020年12月9日閲覧。
  3. ^ Sen, Gautam (2014). "Anorthosites and Komatiites". Petrology. Springer, Berlin, Heidelberg. pp.261-276. doi:10.1007/978-3-642-38800-2_12, ISBN 9783642387999.
  4. ^ D., Ashwal, Lewis (1993). Anorthosites. Berlin, Heidelberg: Springer Berlin Heidelberg. ISBN 9783642774409. OCLC 851768311.