斡本(オベン、生年不詳 - 皇統元年5月12日1141年6月17日))は、皇族。漢名は宗幹。太祖阿骨打(アクダ)の庶長子。母は側室の裴満氏(追尊光懿皇后)。爵位遼王で、忠烈とされた。

斡本(オベン)
続柄 太祖阿骨打庶長子

全名 完顔宗幹
称号 憲古弘道文昭武烈章孝睿明皇帝 → 明粛皇帝
出生 不詳
死去 皇統元年5月12日1141年6月17日
配偶者 正妻:哀皇后 徒単氏
  側室:慈憲皇后 大氏
  側室:寧妃 蕭氏
  側室:順妃 李金哥
  側室:文妃 徒単氏
  側室:陸正姑
子女 男子:神土懣、迪古乃(テクナイ、海陵王)、梧桐永慶蒲甲
女子:慶宜公主、鄧国公主、平陽公主、嘉祥公主
父親 太祖阿骨打
母親 光懿皇后 裴満氏
テンプレートを表示

生涯編集

天会13年(1135年)に叔父の太宗呉乞買(ウキマイ)が崩御すると、族兄の晋王粘没喝(ネメガ、宗翰)と共に甥(太祖アクダの孫)で自身の養子でもある合剌(ホラ、後の熙宗)を擁立して、太宗の子の蒲魯虎(ブルフ、宗磐)や族父の撻懶盈歌の子)と対立した。やがて蒲魯虎・撻懶が失脚すると、次の標的を、皇族の実力者である粘没喝に移す。斡本は熙宗に上奏して、粘没喝を太保領三省事という皇帝側近の名誉職に就任させて、大同を基盤としていた粘没喝の軍事権を奪った。粘没喝は次第に憔悴し、天会15年(1137年)に不遇のまま59歳で病没した。蒲魯虎・撻懶が再び権力を奪回すると、斡本は今度はこの両者と組んで、金の傀儡属国である斉帝劉豫を蜀王に降格して、内蒙古にある臨潢府に強制的に移住させた。以降も斡本は権力を握り、異母弟の瀋王斡啜(宗弼)と組んで、蒲魯虎・撻懶と再び対立した。

天眷2年(1139年)4月、蒲魯虎と撻懶が劉豫の斉国廃止後、服従を条件に陝西と河南を南宋に割譲したのを、南宋に通じたと誣告、2人を謀反の罪で処刑することに成功した。ただし、撻懶の異母弟の烏野は斡本に属しており、兄と対立していたために連座はされなかった。肩の荷を降ろした斡本は、皇統元年(1141年)に病没した。熙宗は、この養父の逝去を大いに悲しみ慟哭したという。

のちに、次男の迪古乃(テクナイ、海陵王)が従兄の熙宗を惨殺して即位すると、亡父に対して、徳宗廟号憲古弘道文昭武烈章孝睿明皇帝諡号を贈った。しかし、海陵王が廃位されて世宗の代になると、「暴君の父」ということで廟号が削除され、帝号を明粛皇帝とされた。後に帝号も削除されて皇伯・太師・遼王に降格された。

宗室編集

妻妾編集

  • 徒単氏(正妻、皇太后。海陵王により誅殺)
  • 大氏(慈憲皇后。海陵王の母)
  • 蕭氏(寧妃)
  • 李金哥(順妃。兀惹の人)
  • 徒単氏(文妃)
  • 陸正姑(北宋の儀王趙朴の元婚約者)

男子編集

女子編集

関連項目編集