メインメニューを開く

斯波 兼頼(しば かねより)は南北朝時代の武将。最上 兼頼(もがみ かねより)とも呼ばれる。奥州探題斯波家兼の次男で、羽州探題最上氏の祖。

 
斯波兼頼 / 最上兼頼
Shiba kaneyori.jpg
斯波兼頼像(光明寺蔵)
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 正和5年1月15日1316年2月9日[1]?、元徳元年(1329年)?[2]
死没 康暦元年/天授5年6月8日1379年7月21日
改名 竹寿丸?竹鶴(幼名)→兼頼
別名 出羽大将、最上兼頼
戒名 光明寺殿成覚就公大居士
墓所 山形県山形市七日町の光明寺
官位 従五位下、修理大夫、式部丞
幕府 室町幕府
主君 足利義詮義満
氏族 斯波氏最上氏
父母 父:斯波家兼
兄弟 大崎直持兼頼天童義宗持義将頼
直家

目次

生涯編集

延元元年(1336年)3月関東執事斯波家長の命により相馬氏を従えて行方郡へ行き、北畠顕家と激しく争う[3]。この時兼頼は元服前であり足利竹鶴を称し、重臣氏家道誠の後見を受けている[4]。延元2年(1337年)北畠顕家との杉本城の戦いで斯波家長が敗死し、鎌倉も陥落したため足利義詮安房へ逃れる。上杉憲顕などは北畠顕家が西上した後鎌倉を奪還、顕家を追って西上するが美濃青野原の戦いで敗れる。同年氏家道誠を通じて武石道倫の所領(陸奥亘理郡坂本郷)を安堵している[5]暦応2年(1339年)には式部大夫として元服している[6]

家兼が北陸から奥州に移ると、兼頼も共に下向する。延文元年(1356年)、出羽地方の北朝方として寒河江大江氏山家氏などの南朝方の抵抗を抑えるために、出羽国按察使と称して出羽国最上郡山形(現・山形県山形市)に入部し[7][8]、翌年には山形城を築城し本拠とする[8][9]。入部した兼頼はまず滝之平瑜伽寺の塔頭を移して宝幢寺を建て、その他にも多くの寺社を建立した[10]

出羽国の安国寺は、寺伝によれば延文4年(1359年)に兼頼によって建立されたという。大曾根荘を地盤とした兼頼にとって、安国寺を建立した山辺荘大寺(山辺町)は村山盆地最上川を超えて勢力を伸長する寒河江大江氏を牽制する位置であった[11]

貞治6年(1367年)に鎌倉公方足利基氏が死去した後、出羽を含む東国の各地で南朝方が蜂起した[12]が、漆川の戦いにおいて、鎌倉公方を継いだ足利氏満や、兄で奥州探題大崎直持と共に南朝方の寒河江大江氏を攻撃し降伏させた。また、近隣の里見氏に弟の義宗を養子に送り、一門とするなど武力政策と婚姻・養子政策を駆使し、山形斯波氏(後の最上氏)の基礎を築いた。兄の直持は奥州管領家の大崎氏の祖となった他、弟の持義将頼らも奥州に子孫を残したとされ、足利一門の名家という出自を思わせる。

応安6年(1373年)頃には、室町幕府より屋形号を許されて最上屋形と称したことを機に、所領の最上郡に因んで苗字を最上氏とした。

永和元年(1375年)、嫡男の直家に家督を譲って以降は城内に草庵を結び、念仏三昧の日々を送ったとされるが、永和3年(1377年)の「室町幕府管領奉書」(円覚寺文書)によれば、出羽国内円覚寺領の棟別銭徴収を担っている[13]。康暦元年/天授5年(1379年)死去した。


子孫の最上氏は戦国時代最上義光の出現によって飛躍的に領土を広げ、江戸時代初期に幕府によって改易されるまで、現在の山形県内陸部の米沢地方を除く、村山地方最上地方庄内地方を支配した。

逸話編集

  • 伯父高経、父家兼とともに越前国に逃れた新田義貞と戦い、兼頼の配下が義貞を討ち取ったと言われている。源氏累代の名刀「鬼切」は兼頼の手に渡り最上氏の家宝となった。

脚注編集

  1. ^ 「光明寺由来記」
  2. ^ 1316年生まれとすると1327年生まれの兄大崎直持よりも年長となり、また父斯波家兼9歳の時の子となる。また、1336年相馬氏と共に戦った際、元服前で氏家氏の後見を受けていることから1316年生まれ説には異論がある。
  3. ^ 『大日本史料』延元元年3月8日条(6編3冊185頁)、「相馬文書」
  4. ^ 『大日本史料』延元元年3月22日2条(6編3冊242頁)、「相馬岡田雑文書」
  5. ^ 『大日本史料』建武4年2月6日条(6編4冊72頁)、「相馬文書」
  6. ^ 『大日本史料』延元元年3月8日条(6編3冊185頁)、「相馬文書」(裏書)氏家道誠注進状案、暦応2年3月20日付
  7. ^ 『系図纂要』巻64 清和源氏(13)最上氏
  8. ^ a b 「光明寺由来記」『寒河江市史 上巻』pp.508
  9. ^ 「会津四家合考」大崎家譜によれば延文3年(1358年)8月3日に山形に入る。『国史叢書 会津四家合考二 南部根元記』pp.170
  10. ^ 『寒河江市史 上巻』pp.509
  11. ^ 『寒河江市史 上巻』pp.511
  12. ^ 武蔵平一揆宇都宮氏綱新田義宗脇屋義治など
  13. ^ 「山形県史 第一巻」『寒河江市史 上巻』pp.509

参考文献編集

外部リンク編集