メインメニューを開く

斯波 統雅(しば むねまさ、大永4年(1524年)?[1] - 天文23年7月12日1554年8月10日))は、戦国時代中期の武将。孫太郎と称す。尾張守護・斯波義統の同母弟とされる。

父は武衛家13代当主・斯波義達で、生母は兄の義統や、その弟の義景と同じく家女房多々良氏と伝わる。諱が『統雅』であることから、恐らく兄の『義統』から偏諱を受けたものと思われる。天文23年(1554年)7月に尾張守護代織田信友が謀反を起こすとこれに対抗できず、兄や一族とともに自害した。享年31。法名は不二院諸叟道維。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 生年は『系図纂要』によるが、父の義達が大永元年(1521年)に没している(※但し義達の没年には異説もあり)ため、正確な生年は不明。

参考文献編集