メインメニューを開く

斯波 義虎(しば よしとら、永正8年(1511年) - 天文23年7月12日1554年8月10日))は、戦国時代中期の武将尾張守護斯波氏の一族で、応仁の乱の中心人物である斯波義敏の孫にあたる。

父は武衛家12代当主斯波義寛の弟斯波義雄で、13代当主義達は従兄。生母は富小路直綱の娘と伝わる。父義雄は遠江守護代として、伯父の義寛やその後を継いだ従兄の義達に従い、遠江進出を図る今川氏に備えたが、永正12年(1515年8月に義達が今川氏親に完敗すると斯波氏は遠江を喪失した。以後斯波氏は衰え、義虎も従甥の14代当主義統(義達の子)とともに尾張守護代織田氏の傀儡とされた。天文23年(1554年)7月、守護代の織田信友が斯波氏に対して謀反を起こすと、義統や他の一族とともに自害した。享年44。

関連項目編集

参考文献編集