新ゴ

モリサワが開発した、角ゴシック体
書体のサンプル
UD新ゴのサンプル

新ゴ(しんゴ)は、モリサワが開発・販売するモダンゴシック体およびそのフォント製品。

概要編集

1990年、「新ゴシック体」の名称で写植書体として発売。電算写植用には「新ゴシック」ファミリー、DTP用には「新ゴ」ファミリーの名称でリリースされた。ヘルベチカに代表される欧文のモダンサンセリフの持つ直線的で近代的な表情を持つ書体の完成を目標に、小塚昌彦を制作統括者に迎え、1986年より開発が開始された。かなには本来の運筆をその骨格部分で導入している[1]。同社の「ツデイ」の後継にあたる書体とされるが、写研から「ゴナの模倣である」として1993年に提訴された(ゴナの記事を参照)。

このほかに、常用漢字について文部科学省の学習指導要領の「代表的な字形」に準拠した「学参新ゴ」「学参 常改新ゴ」両ファミリーがある。

UD新ゴ編集

2009年、新ゴをベースに読みやすさを改善したとされるUD新ゴが発売・配信された。欧文は同社製のClearTone SGと同じデザインとなっている。

UD新ゴには「ネオツデイ」を基にした仮名と組み合わせた「UD新ゴNT」や文字を縦長にした「UD新ゴ コンデンス」というバリエーションがある。

2014年に「UD新ゴ ハングル」、2016年には「UD新ゴ 簡体字」、2019年1月には「UD新ゴ 繁体字 標準字体」が発売・配信され、日本語・英語・中国語・韓国語などの併記されたサインなどで、そろって見えるデザインが可能になった。

2019年にはペアカーニングと最新のIVSに対応したUD新ゴのAP版が発売・配信された。AP版の欧文はClarimo UD PE。

ファミリー構成編集

新ゴ編集

UD新ゴ編集


使用例編集

鉄道事業者における使用例編集

現在、多くの鉄道事業者において、駅名標やその他のサインシステムへの採用が見られる。一部の事業者ではもともとゴナだったものからの交換も見られる。

モバイル機器における使用例編集

モリサワは2005年携帯電話PDA向けのアウトラインフォントとして新ゴRを基に軽量化・ラスタライズの高速化を施した「KeiType」をリリースした。

シャープのLYNX SH-10B・LYNX 3D SH-03CISシリーズIS01IS03など、パナソニックP-06Dなどのスマートフォンに採用されているほか、以前は三菱電機富士通の携帯電話D905iF905iなどでも使用されていた。

近年のスマートフォンではシャープ製ではUD新ゴM、富士通製(子会社の富士通モバイル製も含む)ではUD新丸ゴRの採用が主になっている。

2017年3月3日発売のゲーム機Nintendo SwitchにUD新ゴがシステムフォントとして採用された[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 文字の手帖 - 第二回 新ゴ(下)その2
  2. ^ 亮月写植室*モリサワ写植書体年表
  3. ^ ちなみにこの駅(八草駅)は、愛・地球博の期間(及びその前後)のみ改称されていた。
  4. ^ モリサワ UD書体が「Nintendo Switch」に搭載 モリサワ 2017年5月25日配信 2020年6月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集