メインメニューを開く

新フランス評論』(しんフランスひょうろん、La Nouvelle Revue Française)は、1908年創刊のフランス文芸雑誌。2度の大戦時の休刊を経て今に続く。初期は同人誌だったが、現在は総合出版の大手ガリマール出版社が発行している。多くの作家を育てた。N.R.F.、NRF、nrfとも書かれる。読みはエヌエルエフ(エネレフ)。

新フランス評論
La Nouvelle Revue Française
NRF Numéro 1 Février 1909.jpg
1909年2月1日号の表紙
ジャンル 文芸雑誌
刊行頻度 隔月
発売国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
出版社 ガリマール出版社
ISSN 0029-4802
刊行期間 1908年 -
ウェブサイト 新フランス評論
テンプレートを表示

小史編集

1908年11月、若い作家らによりパリで創刊されたが、直ちに派閥割れし、1909年2月、再出発した。同人はアンドレ・ジッドアンリ・ゲオンフランス語版ジャン・シュランベルジェフランス語版ジャック・コポーアンドレ・リュイテルフランス語版マルセル・ドルーアンフランス語版の6人であった。「出直し創刊号」は、ジッドの『狭き門』第一部も載せた[1]

第24号を出した1910年末、出版部門設立のため、同人らが知る資産家の息子、ガストン・ガリマールに声をかけた。NRF出版社(Éditions de La Nouvelle Revue française)が1911年3月に発足し、ガリマールが『新フランス評論』誌の出版人となった[2]

1913年10月、ジャック・コポーが旗揚げしたヴィユ・コロンビエ座は、NRFの演劇部門であり、一党が開場の雑役を手分けし、初日には総見におよんだ。

第一次世界大戦が勃発して関係者の多くが出征し、1914年9月から1919年6月まで休刊した。

第二次世界大戦中のパリのナチスは、親独のピエール・ドリュ=ラ=ロシェルの編集長就任を強行し、NRF誌は1940年12月以降彼が編んだが、同人らの非協力のため、1943年6月、休刊に追い込まれた。

1953年1月、『新新フランス評論』と改名して再出発した。復刊に手間取ったのには、対独協力に関する戦後の糾弾の矛先を、「ガリマール書店」が、「ドリュ=ラ=ロシェル編集の『新フランス評論』誌」の方へかわした、という事情があった。

『新新』誌は、モーリス・ブランショの時評が評判を呼んだ。1959年2月号から『新』を一つ除いて旧名に戻した。1999年1月からは、季刊に間延びした。

編集長と筆者編集

  • 1909年 - 1912年:アンドレ・ジッド
  • 1912年 - 1914年:ジャック・コポー
この時期までの筆者(抄):エミール・ヴェルハーレンロマン・ロランアンドレ・シュアレスフランス語版ポール・クローデルフランシス・ジャム、アンドレ・ジッド、ポール・ヴァレリーマルセル・プルーストシャルル・ペギーレオン=ポール・ファルグオスカル・ミロシュガストン・ガリマールロジェ・マルタン・デュ・ガールジャン・ジロドゥシャルル・ヴィルドラックジョルジュ・デュアメルジュール・ロマンジャック・リヴィエールサン=ジョン・ペルス ゴールミゲル・デ・ウナムーノジャック・ロンドンジョゼフ・コンラッド
この時期の新たな筆者(抄):アランジュール・シュペルヴィエルフランソワ・モーリアックポール・モランジャン・コクトーピエール・ドリュ=ラ=ロシェルアンリ・ド・モンテルランアントナン・アルトーポール・エリュアールアンドレ・ブルトンルイ・アラゴンマルセル・アルランアンドレ・マルロージュゼッペ・ウンガレッティ
この時期の新たな筆者(抄):ジャック・シャルドンヌフランス語版ガストン・バシュラールジョー・ブスケフランス語版ウジェーヌ・ダビフランス語版ジャック・オーディベルティフランス語版アンリ・ミショーミシェル・レリスレーモン・クノージャン・フォランフランス語版ジャン=ポール・サルトルルネ・エティアンブルフランス語版ロジェ・カイヨワT・S・エリオットボリス・パステルナーク
  • 1940年 - 1943年:ピエール・ドリュ=ラ=ロシェル

脚注編集

  1. ^ Fac-similés des deux numéros 1 de «La Nouvelle Revue Française» - Hors série Littérature”. www.gallimard.fr. Gallimard. 2019年8月28日閲覧。
  2. ^ 書誌的には、「NRF誌」所載か、「NRF出版」刊行本かの、注意がいる。「NRF出版社」は、1919年に発足した「ガリマール書店」(Librairie Gallimard)の、「NRF出版部」になった。

出典編集

  • ピエール・アスリーヌ著、天野恒雄訳:ガストン・ガリマール、みすず書房(1986) ISBN 9784622018032
  • 井上究一郎:ガリマールの家、ちくま文庫(2003) ISBN 9784480038326
  • 篠田一士編:集英社世界文学辞典(2002)ISBN 9784081430079

外部リンク編集