メインメニューを開く

新ワフド党(しんワフドとう、アラビア語: حزب الوفد الجديد‎, ラテン文字転写: Hizb al-Wafd al-Gadid[2])は、エジプトの政党である[2]。1978年に旧ワフド党が復活する形で結成されたが、わずか3か月で解散に追いやられ、1983年に再々度結成された[1]。現党首は、エル=サイイド・エル=バダウィー・シェハータ、副党首はマフムード・アッ=サア(カ)ー。

 エジプト政党
新ワフド党
حزب الوفد الجديد
成立年月日 1978年[1]
1983年[2][1]
前身政党 ワフド党
政治的思想・立場 民族主義中道派[1][2]
経済的自由主義[2][3]
国民自由主義[4]
自由主義[5]
世俗主義[6]
機関紙アルワフド[1]
テンプレートを表示

概要編集

1952年の7月革命時に、旧ワフド党[7]幹事長を勤めていたフアード・セラゲッディーンによって結成された政党である。経済自由化や人権重視、イスラム教徒コプト教徒の協調などを党の方針に掲げている。またイスラム法を主要な法源とすることも掲げている。地主など比較的裕福な階層が主な支持者である。

2005年11月の人民議会議員選挙では、444議席中6議席を獲得するに留まった。

2011年の民主化後初の人民議会(下院)選挙では42議席を獲得し、第三党となった。また、2012年1月から2月にかけて行われたシューラー議会(上院)選挙では、公選180議席中14議席を獲得した[8]

2012年の大統領選挙では、アムル・ムーサに対する支持を表明した[9]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 日本大百科全書(ニッポニカ) - ワフド党. コトバンク. 2019年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 新ワフド党. コトバンク. 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ Evan Hill. Explainer: Egypt's crowded political arena Egypt News. アルジャジーラ. (2011年11月17日) 2019年3月26日閲覧。
  4. ^ Brotherhood to run in Egypt polls, アルジャジーラ, (2010年10月9日), http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2010/10/201010911379428759.html 2019年3月26日閲覧。 
  5. ^ Tens of thousands demand change in Cairo's Tahrir Square, CNN, (2011年2月4日), http://articles.cnn.com/2011-02-04/world/egypt.protests_1_opposition-parties-ayman-nour-wafd-party?_s=PM:WORLD 2019年3月26日閲覧。 
  6. ^ al-Atrush, Samer (2010年12月1日), Islamists, secular party withdraw from Egypt poll run-off, フランス通信社, https://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5i4IpwCILc_XmufF5doiB-DqaIc3g?docId%3DCNG.10af55f3e3cb08c769737268f0f3bdbc.6b1 2019年3月26日閲覧。 
  7. ^ 旧ワフド党は1919年、サアド・ザグルールを中心に結成された政党で、立憲王政時代を通じて幅広い支持基盤を持つ唯一の政党であった。しかし、1952年の7月革命後、他の政党と共に解散を命じられ、政治活動を禁じられた。
  8. ^ “Islamists dominate Egypt's upper house after vote”. France24. (2012年2月25日). http://www.france24.com/en/20120225-islamists-dominate-egypts-upper-house-after-vote 2012年2月27日閲覧。 
  9. ^ “Wafd Party backs Amr Moussa for president”. Ahramonline. (2012年4月4日). http://english.ahram.org.eg/News/38452.aspx 2012年4月10日閲覧。 

関連項目・外部リンク編集