メインメニューを開く

新・女囚さそり 701号』は、1976年日本映画

新女囚さそり 701号
監督 小平裕
脚本 鴨井達比古
原作 篠原とおる「さそり」
製作総指揮 吉峰甲子夫
伊藤源郎
出演者 多岐川裕美
夏夕介
音楽 平尾昌晃
主題歌 多岐川裕美
撮影 飯村雅彦
編集 祖田富美夫
製作会社 東映東京
配給 東映
公開 日本の旗 1976年11月17日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

篠原とおる原作の『さそりシリーズ』が4年ぶりに復活し、松島ナミ役には前作までの梶芽衣子に代わって、当時新進女優であった多岐川裕美が抜擢された。

目次

内容編集

恋人に罠に掛けられ、無実の罪で女囚となったナミは刑務所で地獄の日々を送る。実姉を殺され、恋人に裏切られたナミは復讐に燃えるが・・・。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集