メインメニューを開く

概要編集

「20世紀」から「21世紀」への新世紀編集

この時代[注 1]の新世紀とは20世紀に対して21世紀のことであり、明示してなくとも「新世紀」といった場合、21世紀を指すことが多い。また、21世紀初頭において「新世紀」といった場合、21世紀の初頭そのものを指す場合もある。

「新世紀」の用法として、様々な語や名称の頭や足に付けて、例えば「新世紀ベビー」や「写真新世紀」のように使用される。その他、21世紀の始まりの年である2001年元日には、通常見られる「Happy New Year新年おめでとう)」という表記に対して、「Happy New Century (新世紀おめでとう)」という表記も見られた。

新世紀の始まりに関する解釈編集

本来の西暦のルールに従った場合、上述の通り、20世紀から21世紀に変わる新世紀は2001年から始まるのが正確である。しかし、実際には区切りが好いこともあり「2000年から」という誤った解釈が横行したため、2000年の元日には欧米の各地で新しいミレニアム(千年紀)の幕開けとあいまったカウントダウンイベントなどが行われた(詳細は「世紀#世紀の区切りに関する議論」や「ミレニアム#ミレニアム騒ぎ」を参照)。この「2000年から」という解釈は様々な場面で散見された。

一方、日本では「2000年から」という解釈は一部で見られたものの、2000年を「ミレニアム」「20世紀の最後」として、「新世紀は2001年から始まる」という考え方が大方を占めた。

本来の意味と異なる用法編集

「新しい世紀」「世紀の始まり」という本来の意味とは関係なく、「これまでになく新しい(革新的、未来的な)こと」「新しい時代、局面、価値観の始まり」などを表したりする場合に使用されることもある(例 - 「アニメ新世紀宣言」)。同様の強調表現に「新時代」「新世代」などがある。

「新世紀」が付く主な表現・名称一覧編集

アニメ編集

肩タイトルに「新世紀」が付く作品編集

肩タイトルとは、『機動戦士ガンダム』でいう「機動戦士」の部分のことである。同作品の富野由悠季などが主に使用している[1]

その他編集

書籍・雑誌編集

漫画編集

コミック雑誌編集

小説編集

ノンフィクション書籍編集

コンピュータゲーム編集

映画編集

音楽編集

テレビ・ラジオ番組(アニメ除く)編集

団体・企業・医療関連施設編集

コンテスト・大会・イベント編集

その他編集

その他関連事項編集

  • 日本ナシの品種のひとつに「新世紀」がある。
  • 2001年首相に就任した小泉純一郎は、自身が行う構造改革を「新世紀維新」と称した[4][5]
  • 21世紀初頭において、20世紀のことは前世紀、旧世紀と呼称されることもある。ただし、旧世紀という用法は20世紀以前を示し、20世紀に限定されない場合もある。また、ネガティブな意味を含むこともあるので、使用には留意する必要がある。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 20世紀末尾から21世紀初頭を指す。
  2. ^ なお、出願時の名称は「新世紀コシヒカリ」としていた。

出典編集

  1. ^ 富野、吠える! (HTML)” (日本語). 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ ヒカリ新世紀Weblio 辞書:品種登録データベース)
  3. ^ 水稲品種「ヒカリ新世紀」(仁井田米販売・宮内商店)
  4. ^ 新世紀維新の構造改革をめざして(小泉内閣:タウンミーティング)
  5. ^ “衆議院本会議”. 27. 第151回国会. (2001-05-07). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/151/0001/15105070001027a.html  所信表明演説 内閣総理大臣 小泉純一郎

関連項目編集