メインメニューを開く

原口鶴子

心理学者、初めてPhDを取得した日本人女性
新井鶴子から転送)
原口鶴子

原口 鶴子(はらぐち つるこ、旧姓新井、1886年6月18日 - 1915年9月26日)は、大正時代に活躍した日本の心理学者Ph. D. を取得した最初の日本人女性である。医学博士(M.D.)取得日本人女性は以前に岡見京子がいたが、Ph.D.は全分野を含めても初であった。[1][2][3]

目次

生涯編集

1886年、群馬県富岡生まれ。子供のころの名は新井つるといい、三人姉妹の一人であった。父新井広三郎は豪農1902年に二年飛び級して群馬県立高崎高等女学校に進学[1][3]1903年日本女子大学入学。英文学科人文学を専攻する。当時、女性を受け容れてくれる四年制大学は日本にはなかった。また、より高度な高等教育機関設立が、はじめて、公的に考えられたのは1947年であった[4]

そのため、彼女の指導者であった心理学者の松本亦太郎は、さらに教育を受けることをつるにすすめた。つるは卒業後の1906年、日本を去って米国へ発った。心理学の博士課程を修めるために、1907年コロンビア大学に入学する[1][3]。実験心理学と心理学の教授法を専攻し、エドワード・ソーンダイクロバート・ウッドワース英語版ジェイムズ・マッキーン・キャッテルの指導を受けた[5]。そして1912年に「心的疲労」と題した論文を完成させた。この論文には、彼女自身が実験台となって、4桁の数字を掛け算したり、ジョン・デューイの著作にある英語の文章を日本語訳したりして心的疲労を測るという実験が含まれている。1912年6月5日に学位を授与され、Ph. D. をはじめて取得した日本人女性となった[3]。また、同日に留学生仲間の原口竹次郎(のちの早稲田大学教授[6])と結婚して、イギリスへ新婚旅行に出発した[4]

原口鶴子は日本に帰国し、自らの理論を拡張させた。また、日本語への翻訳も行い、1914年に「心的作業及び疲労の研究」という題で発表した[4]。日本女子大学で時おり講義をすることもあり、同大学の実験心理学教室の設立に携わったりもした[3][5]。夫原口竹次郎との間には一男一女をもうけたが、結核により1915年9月26日に亡くなった。29歳(数えで30歳)だった[3]

業績編集

原口鶴子の最後の仕事は、フランシス・ゴルトンの『天才と遺伝』(原題:Hereditary Genius1869年)の日本語訳となった。『天才と遺伝』は没後の1915年に出版された[3]。また、原口鶴子がコロンビア大学において経験したことや、日米の文化的相違についての観察について綴った回顧録『楽しき思ひ出』が、1915年に出版された[4]

原口鶴子の生涯と業績についてのドキュメンタリーが2つ制作されている。「原口鶴子の生涯」(2007年、英題:The Life of Tsuruko Haraguchi)と、「心理学者 原口鶴子の青春 100年前のコロンビア大留学生が伝えたかったこと」(2008年、英題:Psychologist Tsuruko Haraguchi: Memories of Her Days at Columbia University in the Early 1900s)である[4][7]

著書編集

単著編集

  • 『心的作業及疲労の研究』 北文館 (1914 コロンビア大学の博士論文を再構成したもの)
  • 『楽しき思い出』 春秋社書店 (1915 留学時代の随筆 復刻・山崎朋子編 『叢書女性論12』 大空社 1995)

翻譯編集

ゴルトン 『天才と遺伝』 早稲田大学出版部 (1915)

論文編集

  • 「精神薄弱児の心理学的研究」 『児童研究』 第16巻 4号 (1912)
  • 「児童智能の測り方」 日本女子大学校桜楓会発行 『日本女子大学校・家庭週報』 第258号 - 261号 (1914)
  • 「実際の疲労と疲労の感 上下」 『心理研究』 第8巻 2冊 (通巻 44号) - 3冊 (通巻 45号) (1915)

参考文献編集

  • 『邦文心理学文献目録稿』 国立国会図書館支部上野図書館 1953
  • 木村毅 「海外に活躍した明治の女性」 至文堂 1963
  • 荻野いずみ 『原口鶴子-女性心理学者の先駆』 銀河書房 1983
  • 青木生子 「原口鶴子・高良とみ」 『近代史を拓いた女性たち-日本女子大学に学んだ人たち』 講談社 1990
  • 大泉溥 編 「日本心理学者事典」クレス出版 (2003) ISBN 4-87733-171-9

出典編集

  1. ^ a b c コトバンク、「朝日日本歴史人物事典の解説」からの引用”. 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ 日本人女性心理学者の博士号(Ph.D.) (PDF)”. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Takasuna, Miki. “Tsuruko Haraguchi (1886 - 1915)”. American Psychological Association, Society for the Psychology of Women. 2015年11月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e Jenkins, Amanda (2013年). “Tsuruko Haraguchi”. Psychology's Feminist Voices. 2015年11月24日閲覧。
  5. ^ a b Japanese Psychologists: G–H”. A Brief Guide to the History of Japanese Psychology. Oklahoma State Psychology Museum. 2015年11月24日閲覧。
  6. ^ Mulhern, Chieko Irie (1991). Heroic with Grace: Legendary Women of Japan. M.E. Sharpe. p. 214. ISBN 978-0-7656-3265-4. http://books.google.com/books?id=hCk5k9RSnb4C&pg=PA214. 
  7. ^ 心理学者 原口鶴子の青春 100年前のコロンビア大留学生が伝えたかったこと”. 2015年11月24日閲覧。

関連項目編集