メインメニューを開く
正雀工場に保存されているP-5(10)形電車
保存車車内

新京阪鉄道P-4形電車(しんけいはんてつどうP-4がたでんしゃ)は、阪急京都線の前身となる新京阪鉄道1925年に導入した電車である。新京阪として最初に製造された電車となり、千里山線を中心に使用された。

本項では後のフロ50形となるP-5形電車、譲渡先の能勢電鉄(当時の能勢電気軌道)の10・20形についても記述する。

目次

概要編集

千里山線天神橋駅 - 淡路駅間延伸を機に登場し、4次に渡って製造された。ダブルルーフの木造車で、前面は丸みを帯びた3枚窓となっていた[1]

1次車は9 - 13の5両で、製造は梅鉢鉄工所、番号は1形(P-1)の追番である[2]。集電装置はトロリーポール、電装品は東洋電機製48kWモーター及びES形電動カム軸式主制御器を装備し、ブレーキはSME非常直通ブレーキ、台車はアメリカ・J.G.Brill社製Brill 27-MCB-1を採用した[2]。部内呼称はP-4であり、P-2・P-3の呼称は使用されていない[2]

1926年に増備された2次車は14 - 18の5両で、製造は汽車製造、部内呼称はP-5Aである[3]。台枠の構造が変更され、幕板の凹みがなくなった[3]

1927年には3次車として19 - 28の10両が製造されたが、製造所は19 - 21が田中車輛、22 - 24が梅鉢鉄工所、25 - 28が汽車製造の3社に分かれている[3]。台車も19 - 23が住友のKS30L、24 - 28が汽車製造のブリル形となっている[3]。1次車・2次車では正面中央の窓の上部が1段高くなっていたが、3次車では左右と同じ高さになった[3]。部内呼称はP-5Bである[3]

1929年には、制御車50形として51 - 56の6両が田中車輛で製造された。部内呼称はP-5Tである[3]

変遷編集

1928年の本線部分開業を控え、P-4・P-5の1500Vへの昇圧改造が行われた。集電装置はパンタグラフ化、大阪寄りの床下端部に電動発電機を設置、出入口には本線用のP-6の車幅に合わせたステップが設けられた[3]

1929年6月、鉄道省からの指示を受けて付与した形式呼称として、P-4・P-5の電動車には「デロ」、付随車には「フロ」が制定された[3]。同時に電動車の9・10は29・30に改番され、電動車はデロ10形11 - 30となった[3]。この頃にはP-4・P-5のグループはP-5と総称されるようになった[3]

51 - 56は21 - 26の大阪方に連結したMc-Tcの編成を組んでいたほか、Mc-Mc同士の2両編成も見られた[3]1932年3月より順次貫通化工事が行われ、車両間が幌で結ばれた[3]。同時にドアエンジンの整備も進められ、貫通化工事は1938年頃に一段落した[3]

1936年4月6日、25と55が千里山駅で焼失した[3]。この2両の代替として200形が製造されている[3]

1944年3月、千里山線でP-5による3両編成運転が開始された[4]。貫通化工事も再開され、50形は54を除く全車が両貫通となっている[4]。29・30は嵐山線で使用されたが、戦後に貫通化工事を行い千里山線へ移動した[4]

1956年より、千里山線でP-5の4両編成運転が実施され、対応工事が行われた[4]。MGの負荷軽減のため車内灯は直流点灯の蛍光灯となり、SME方式のブレーキ装置には電磁給排弁が付加された[4]。その後も正面腰板の鉄板化、通風器の撤去、モニターの明かり窓の撤去、台車振替などの改造が行われている[4]

1957年より能勢電気軌道へ14両が譲渡・貸与された。最後は嵐山線用として15、16、26、56の4両が残り、電動車1両を予備とした3両編成で使用された[4]1963年に廃車され、阪急線から姿を消した[4]

能勢電への譲渡編集

能勢電気軌道へは1957年に8両が譲渡、1961年には6両が貸与された。移籍した車両は集電装置が再びトロリーポールに変更された[5]

その後京阪神急行電鉄(のちの阪急電鉄)から320形が入線したのに伴い、再びパンタグラフに交換され、一時は3両編成化の計画も出たが、500形の借入が具体化したために廃車されることとなり、1967年までに全車廃車された。なお、阪急より借り入れた車両は1966年に返却され、直ちに廃車された。(実車は平野車庫で解体された)

保存車編集

30は旧車番10として1963年に原型に復元し、正雀工場に保存されている[6]。当初は宝塚ファミリーランド内ののりもの館(旧・電車館)に保存されたが、同館の閉鎖に伴い正雀工場に移動した。

また、能勢電気軌道に譲渡された車両のうち3両が、電動貨車への改造を前提に平野車庫に留置されていたが、1975年頃に解体されている。

脚注編集

  1. ^ 『阪急電車のすべて 2010』34頁。
  2. ^ a b c 山口益生『阪急電車』70頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 山口益生『阪急電車』71頁。
  4. ^ a b c d e f g h 山口益生『阪急電車』72頁。
  5. ^ 飯島巌『復刻版 私鉄の車両5 阪急電鉄』ネコ・パブリッシング、2002年(原著1985年、保育社)。112頁。
  6. ^ 『阪急電車のすべて 2010』88頁。

参考文献編集

  • 山口益生『阪急電車』JTBパブリッシング、2012年。
  • 阪急電鉄『HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて 2010』阪急コミュニケーションズ、2010年。