メインメニューを開く
KADOKAWA > 中経出版 > 新人物往来社

株式会社新人物往来社(しんじんぶつおうらいしゃ)は、かつて存在した日本出版社雑誌歴史読本』の発行元として知られる歴史図書専門の出版社である。

2008年平成20年)11月26日中経出版の100%出資による新人物往来社(新社)が新人物往来社(旧社)から出版事業の営業権を取得、その後2009年(平成21年)4月7日に中経出版が角川グループホールディングスの子会社となったことにより、新人物往来社も角川グループの1つとなった。さらに2013年(平成25年)4月1日に中経出版に吸収合併され、社名が消滅することとなった。

目次

概要編集

  • 1951年、八谷政行(やたがいまさゆき)が『人物往来』を創刊。
  • 1952年昭和27年)に人物往来社として創業。『人物往来』の歴史特集の『特集・人物往来』が好評につき、『歴史読本』と改題。『人物往来』の休刊後はこちらが看板雑誌となり、会社自体も歴史図書専門出版社の雄として知られるようになった。
  • 1968年、経営難のため、チェリオコーポレーションを経営する実業家菅貞人が経営を引き継ぎ、新人物往来社と社名変更。
  • 1976年、貞人の子・菅英志(1950- )が社長となる。
  • 1977年吉田清治著作『朝鮮人慰安婦と日本人』を刊行[1]
  • 1976年(昭和51年)より、日本唯一の歴史小説専門の文学賞である歴史文学賞を主宰。同賞出身者に宮部みゆき1988年(昭和63年)、『かまいたち』にて第12回佳作入選)がいる。
  • 2005年、英志の子・菅春貴が社長となる。
  • 2008年、株式会社中経出版の子会社の株式会社新人物往来社(新社)が株式会社新人物往来社(旧社)から出版事業の営業権を取得[2][3]
  • 2009年5月、歴史文庫『新人物文庫』を創刊して文庫本市場に参入[4]。第1回配本は永倉新八新選組顛末記』等6点。
  • 2009年10月に荒地出版社を吸収合併[5]
  • 2013年4月に親会社の中経出版に吸収合併され解散[6]。『歴史読本』や新人物文庫等の歴史関連出版物は既刊も含め中経出版から引き続き刊行。

刊行物編集

雑誌編集

書籍レーベル編集

  • 新人物文庫
  • 新人物ノベルス

関連会社編集

参考編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ISBN 978-4-404-00795-7
  2. ^ 新人物往来社、新社長に大出俊幸氏”. 新文化通信社. 2018年9月15日閲覧。
  3. ^ 【 新人物往来社が中経出版に営業譲渡 】 日書連”. BOOKSルーエ. 2019年7月10日閲覧。
  4. ^ 新人物往来社、5月に「新人物文庫」創刊へ 今年度末までに50”. 文化通信社. 2019年7月10日閲覧。
  5. ^ 第3四半期報告書 株式会社角川グループホールディングス 3頁 (PDF)”. カドカワ. 2018年9月15日閲覧。
  6. ^ 中経出版と新人物往来社が合併”. イード. 2018年9月15日閲覧。
  7. ^ 「歴史読本」、KADOKAWA、1968-2015年、全国書誌番号:00024584
  8. ^ 「歴史読本ワールド」、新人物往来社、1985-1996年、全国書誌番号:00071654
  9. ^ 「Az」、新人物往来社、1987-1995年、全国書誌番号:00065025
  10. ^ 「歴史百科」、新人物往来社、全国書誌番号:00031473
  11. ^ 「歴史百科」、百年社、全国書誌番号:00033406

関連項目編集

外部リンク編集