新人王戦 (日本プロ麻雀連盟)

日本の麻雀のタイトル戦

新人王戦(しんじんおうせん)は、日本プロ麻雀連盟が主催する麻雀のタイトル戦。

1985年に第1期が開催された。

概要編集

連盟入会から5年以内の新人プロが出場可能な大会である[1]。ルールは連盟公式ルール(2016年までは連盟Aルール名称)。

まず東京本部所属と地方本支部所属に分けて4回戦(各50分+1局)を行い、トータルでプラスだった新人プロ全員が5回戦に進出。5~7回戦(同)は両所属混合で行って各回戦毎に脱落者を決め、最終的に7回戦終了時点のトータル上位4名が決勝に進出。翌日に決勝4回戦(時間制限なし)を行い、トータルでトップの新人プロが新人王となる[2]。 ニコ生などでは決勝戦の対局を生配信する。

歴代優勝者編集

※は女流雀士

脚注編集

  1. ^ かつては17期までが2年以内、18期から30期までは3年以内が出場可能となっていた
  2. ^ 開催概要 – 新人王戦/新人王戦/タイトル戦情報/日本プロ麻雀連盟

外部リンク編集