メインメニューを開く

新任判事補』(しんにんはんじほ)は、1994年から1996年まで日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全3回。主演は千堂あきほ

新任判事補
ジャンル テレビドラマ
原作 佐木隆三
渡部保夫
企画 長富忠裕
脚本 国弘威雄
監督 森崎東
増田天平
出演者 千堂あきほ
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
プロデューサー 赤司学文
石川好弘
伊藤祥二
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年10月25日 - 1996年2月6日
放送時間 放送時間の変遷を参照
回数 3
火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

キャスト編集

東京地方裁判所八王子支部編集

椎田美奈子
演 - 千堂あきほ
刑事第18部の新人判事補。左陪席。実家で父と祖母との三人暮らし。
大岡淳三
演 - 中村敦夫(第1作・第2作)
刑事第18部の部長判事。
森山房枝
演 - 高畑淳子(第2作・第3作)
刑事第18部のベテラン判事。右陪席。美奈子の10期上の先輩。仙台地方裁判所から異動してきた。喫煙者。認知症の母と同居している。

その他編集

椎田辰蔵
演 - 斉藤晴彦
美奈子の父。植木屋「植辰」の主人。
椎田幸子
演 - 内海桂子
辰蔵の母。美奈子の祖母。
山岡護
演 - 角田英介
植木屋「植辰」の従業員。都議会議員の息子。
大岡
演 - 泉晶子(第1作・第2作)
大岡の妻。

ゲスト編集

第1作「ハリキリ新米女性裁判官が初めて担当した強姦未遂殺人事件!」(1994年)
第2作「毒入りモナカを食べた老人の死、他殺自殺の壁に挑む新米女性裁判官」(1995年)
第3作「殺人現場から消えた愛犬が握る空白の30分の謎」(1996年)

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
1 1994年10月25日 ハリキリ新米女性裁判官が初めて担当した強姦未遂殺人事件! 佐木隆三「生きている裁判官」
渡部保夫「刑事裁判ものがたり」
国弘威雄 森崎東
2 1995年05月23日 毒入りモナカを食べた老人の死、他殺自殺の壁に挑む新米女性裁判官 佐木隆三「生きている裁判官」
3 1996年02月06日 殺人現場から消えた愛犬が握る空白の30分の謎 増田天平

脚注編集

  1. ^ 古崎康成著、『テレビドラマ原作事典』、日外アソシエーツ、2010年1月発行、ISBN 9784816922305、417頁及び418頁

外部リンク編集